全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

クイズラリーのヒントを見つけて喜ぶ参加者(18日、田辺市東陽の闘雞神社で)

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。
 世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業推進協議会主催、紀伊民報などが後援。
 参加者は市内10カ所を巡り、それぞれの場所に用意された問題を5択で答えた。闘雞神社では、長澤好晃宮司が「源氏に味方した熊野水軍は何隻の船で出陣したか」と1問目を出題。参加者はヒントを探しながら境内を歩き回り、ヒントが書かれた説明板を見つけると「あった、あった」と喜んだ。海蔵寺では熊野別当湛増が屋島の戦いに持っていった仏像の名前を質問、蟻通神社では、アリを使ってほら貝に糸を通したという伝承から「何の神様」と呼ばれているかが問われた。道分け石や八坂神社、弁慶松なども訪れ、闘雞神社前のポケットパークで答え合わせをした。
 このほか、闘雞神社や周辺地域の歴史、妖怪について、長澤宮司や紀南文化財研究会の宮本恵司さん、漫画家のマエオカテツヤさんがそれぞれの視点で話すトークショーがあった。マエオカさんが描いた妖怪の絵画も展示された。

関連記事

長野日報社

ダイナミックな五つの遊び体験 「ASOBINA」24日オープン

伊那谷の自然や地形、景観を生かしたダイナミックな遊びが楽しめるエリア「ASOBINA(アソビナ)」が24日、伊那市横山にオープンする。プロパラグライダーパイロット呉本圭樹さん(41)=同市=が...

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク