全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

クイズラリーのヒントを見つけて喜ぶ参加者(18日、田辺市東陽の闘雞神社で)

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。
 世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業推進協議会主催、紀伊民報などが後援。
 参加者は市内10カ所を巡り、それぞれの場所に用意された問題を5択で答えた。闘雞神社では、長澤好晃宮司が「源氏に味方した熊野水軍は何隻の船で出陣したか」と1問目を出題。参加者はヒントを探しながら境内を歩き回り、ヒントが書かれた説明板を見つけると「あった、あった」と喜んだ。海蔵寺では熊野別当湛増が屋島の戦いに持っていった仏像の名前を質問、蟻通神社では、アリを使ってほら貝に糸を通したという伝承から「何の神様」と呼ばれているかが問われた。道分け石や八坂神社、弁慶松なども訪れ、闘雞神社前のポケットパークで答え合わせをした。
 このほか、闘雞神社や周辺地域の歴史、妖怪について、長澤宮司や紀南文化財研究会の宮本恵司さん、漫画家のマエオカテツヤさんがそれぞれの視点で話すトークショーがあった。マエオカさんが描いた妖怪の絵画も展示された。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク