全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

涅槃会「やしょうま」作り 諏訪の地蔵寺

「やしょうま」のきれいな満開の桜の断面に笑顔が広がる地蔵寺の婦人部員ら

 諏訪市岡村の地蔵寺で9日、釈迦の涅槃会に供える花餅「やしょうま」作りが行われた。サクラ、ツバキ、アヤメの花々とブドウ、パンダの絵柄を、参加者たちが楽しみながら作った。

 やしょうまの由来は、2月15日に釈迦が差し出された粉で作った餅を口にして「おいしかった」と言い、息を引きとったなどとされる。同寺婦人会(芦沢フサ会長)が涅槃会に合わせて作る恒例行事で、会員や一般の約40人が五つの絵柄を分担した。

 米粉をねった生地をピンクや緑、紫色に着色。パンダの耳や目はチョコレートやコーヒーで色付けした。各色を棒状に60~70本作り、白をベースにそれぞれの模様を組み合わせた。直径20センチの断面に、満開の花などがくっきり表れると「まあ、きれい」と歓声が上がった。さらに生地を太さ7センチほどに伸ばし、薄切りにして皿を春の菓子で飾った。参加者は「力に入れ具合にこつが必要」「やしょうまを作ると春を感じる」と笑顔で手を動かしていた。

 やしょうまを供えて法要を行い、全員で味わった。指導した同寺の篠崎紀久子さんによると、今年は興味を持ち参加した一般の女性も多く、「やしょうまが地域にも広まれば」と期待していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク