全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

海水浴客でにぎわう白良浜。砂浜には鮮やかなパラソルが並ぶ(17日、白浜町で)

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。

 白良浜ライフガードパトロール本部によると、17日正午現在の海水浴客数は約7千人。今季最多だった10日の約1万人、12日の約7500人に次いで多かった。同本部は「例年なら16日以降に減るが、今年は台風の影響でずれてきた」という。
 台風接近の影響で14、15日は全面、13、16日は一部を除き遊泳禁止となった。このため、全面的に泳げるのは12日以来となった。海では家族連れや若者らが波を受けながら楽しそうに泳ぎ、砂浜では鮮やかなパラソルやタープテントが一面に並んだ。
 大阪府泉大津市から家族4人で訪れた会社員の殿最勝彦さん(37)は「宿泊の予約を1日遅らせ、昨日やって来た。子どもたちも白良浜での海水浴は楽しみにしている。今日、泳げて良かった」と喜んでいた。
 10日から延期された白浜花火大会は18日に開催予定で、昼間には海水浴客でにぎわいそうだ。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク