全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

滑り台に歓声を上げる家族連れ

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広美術館は17日、家族連れら大勢の来場者でにぎわった。

 同展はデジタルアート集団「チームラボ」(東京)によるプロジェクションマッピングなどを使ったアート展。花でできた動物が動く「花と共に生きる動物達」、滑り台を滑って映像のフルーツを育てる「すべって育てる!フルーツ畑」など、五感で楽しむアート6作品を展示している。

 夏休みに入り来場者数は連日1000人を超え、お盆期間中は3000人を超えた日も。17日は正午で約1000人が来場し、入場まで30分ほどの待機列ができた。

 友人同士という帯広川西小3年の女子児童は「滑り台が楽しかった。キラキラが顔や服に反射して面白い」と、自作の缶バッジを手に笑顔を見せた。

 現在までの来場者数は約5万5000人。野崎弘幸館長は「美術館の新たな歴史を刻むことができ、とてもうれしい」と話している。展示は9月1日まで。

関連記事

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

長野日報社

静かに咲き誇る大輪 「ぼたん寺」の遠照寺

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺でボタンの花が見頃となった。約160種ものボタンがそろい、「ぼたん寺」との名で親しまれている同寺。新型コロナウイルス感染拡大防止のために花期恒例の「ぼたん祭り」は...

感謝を込めて花を購入 母の日、島産花きギフトも

 5月の第2日曜日の10日は「母の日」。ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防止しようと、日本花き振興協議会が5月いっぱいを「母の月」と位置づけている。入店人数の制限や店舗前での商品受け渡しなど...

長野日報社

第32回諏訪湖マラソン 中止

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第32回諏訪湖マラソン(長野県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)は10月25日の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク