全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

滑り台に歓声を上げる家族連れ

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広美術館は17日、家族連れら大勢の来場者でにぎわった。

 同展はデジタルアート集団「チームラボ」(東京)によるプロジェクションマッピングなどを使ったアート展。花でできた動物が動く「花と共に生きる動物達」、滑り台を滑って映像のフルーツを育てる「すべって育てる!フルーツ畑」など、五感で楽しむアート6作品を展示している。

 夏休みに入り来場者数は連日1000人を超え、お盆期間中は3000人を超えた日も。17日は正午で約1000人が来場し、入場まで30分ほどの待機列ができた。

 友人同士という帯広川西小3年の女子児童は「滑り台が楽しかった。キラキラが顔や服に反射して面白い」と、自作の缶バッジを手に笑顔を見せた。

 現在までの来場者数は約5万5000人。野崎弘幸館長は「美術館の新たな歴史を刻むことができ、とてもうれしい」と話している。展示は9月1日まで。

関連記事

豊橋で東三河外食産業展開幕

 「第31回東三河外食産業展示会2024」が22日、豊橋市の「ホテルシーパレスリゾート」で開幕した。東三河外食産業振興会主催、東愛知新聞社など後援。  東三河の外食産業の振興を目的に、飲食事業...

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク