全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

もりぞうポストに投函いかが 下諏訪の長崎さん

郵便ポストと一体化したヒバの生け垣と長崎さん

下諏訪町東高木の旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅で、生け垣のヒバの木が成長し、近くに立つ郵便ポストを覆うようになった。枝木は顔に見立てて刈り込んでいて、「写真に映える」と道行く観光客や住民がカメラを向けている。

ヒバは樹齢約80年で、高さ3メートル、横2メートル、奥行き3・5メートルの大きさ。ポストは鼻の位置にあり、ポストが隠れないよう長崎さんが刈り込んで次第に形を整え、最近は岡谷下諏訪広域シルバー人材センターに依頼。目を際立たせ、飛び出した枝を「ちょんまげ」にした。

近所の子どもたちに、2005年愛知万博の公式キャラクター、モリゾーに似ている、と言われたのをきっかけに、「元気もりぞうポスト」と名付けた。道向かいには長崎さんが所有する江戸時代の旧茶屋「橋本政屋」があって訪れる人が多い。長崎さんは「遊び心で作ったので、写真を撮ったり、思いを込めて投函したりと、自由に楽しんで」と話している。

関連記事

長野日報社

重層的歴史、諏訪の魅力 ガイドツアー「エクスペリエンス」始まる 長野県

 長野県諏訪地域の歴史や文化、信仰をテーマにした地域密着のガイドツアー「SUWAエクスペリエンス」が26日、始まった。諏訪信仰の研究会「スワニミズム」を基盤に、考古資料の調査や活用に取り組む「大...

長野日報社

「なぎ」の湖面に新緑映る 奥蓼科の御射鹿池  長野県茅野市

長野県茅野市奥蓼科のため池「御射鹿池」が、ほとりに生えたカラマツ林が一斉に新緑に染まり、初夏の様相を呈している。24日は風も穏やかで、「なぎ」の時間が訪れると鏡面のようになった湖に山あいの木々...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク