全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城で「大海の放下」

 新城市大海地区で14日、重さ約6㌔の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「大海の放下」があった。台風10号の接近による雨に備え、団扇にビニールをかぶせて行われた。  室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。市内では毎年盆の時期に大海地区はじめ、名号、布里、一色、塩瀬の各地区で行われる。「南設楽のほうか」として県無形民俗文化財に指定されている。  大海の放下は、他地区に比べて団扇が大きい。高さ約3㍍、幅約1・2㍍で、重さは約6㌔。無病息災のほか、邪念を一気に振り払おうと大団扇になったとされる。  この日午後5時、大海地区の泉昌寺で、保存会員3人が背負った大団扇を揺らし、腹に抱えた太鼓を打ち鳴らして踊った。この後、会員たちは歩いて初盆を迎えた家を回った。15日も各家を回り、寺で精霊送りを行う予定としている。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク