全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

来館者200万人達成/標津サーモン科学館

記念すべき200万人目の来館者となった小林さん一家に記念品を渡す市村館長(右)

 標津サーモン科学館(市村政樹館長)の来館者が13日、200万人に達し該当者に記念品が贈呈された。記念すべき200万人目は午前11時30分ごろ、千葉県松戸市から道東旅行中に立ち寄ったという小林由美子さん(48)、優心さん(14)、雅さん(12)の家族3人で、優心さんが200万人目となった。

 同館が用意したくす玉を割り、市村館長が記念品(目録)を手渡した。オリジナルグッズや地元海産物の詰め合わせのほか、10月と12月には標津漁協激選「番屋鮭」とイクラ詰め合わせなどを発送する予定。小林さん一家は「10年ぶりに来ました」「びっくりしました」「うれしいです」とそれぞれ話していた。

 同館は1991年9月15日に開館し、最近は年間約5万人が利用する。サケをはじめとした魚介のテーマパークとして町内外の人から親しまれ、歯の無いチョウザメにスタッフが腕をかませて見せる「腕ガブ」パフォーマンスのほか、今年は屋上で楽しむワイン会など新たな企画を実施し、リピーター獲得につなげている。

関連記事

長野日報社

ラベンダー摘み取り体験始まる 蓼科中央高原

 茅野市蓼科中央高原で地域活性化に取り組む女性グループ「美しの蓼科」は、国道299号沿いのカフェレストラン「蓼科花ファクトリー」近くのラベンダー畑で、摘み取り体験の受け入れを始めている。2年目...

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク