全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

来館者200万人達成/標津サーモン科学館

記念すべき200万人目の来館者となった小林さん一家に記念品を渡す市村館長(右)

 標津サーモン科学館(市村政樹館長)の来館者が13日、200万人に達し該当者に記念品が贈呈された。記念すべき200万人目は午前11時30分ごろ、千葉県松戸市から道東旅行中に立ち寄ったという小林由美子さん(48)、優心さん(14)、雅さん(12)の家族3人で、優心さんが200万人目となった。

 同館が用意したくす玉を割り、市村館長が記念品(目録)を手渡した。オリジナルグッズや地元海産物の詰め合わせのほか、10月と12月には標津漁協激選「番屋鮭」とイクラ詰め合わせなどを発送する予定。小林さん一家は「10年ぶりに来ました」「びっくりしました」「うれしいです」とそれぞれ話していた。

 同館は1991年9月15日に開館し、最近は年間約5万人が利用する。サケをはじめとした魚介のテーマパークとして町内外の人から親しまれ、歯の無いチョウザメにスタッフが腕をかませて見せる「腕ガブ」パフォーマンスのほか、今年は屋上で楽しむワイン会など新たな企画を実施し、リピーター獲得につなげている。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク