全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

旧盆アンガマにぎやかに 珍問答に笑い声響く

 ソーロン(旧盆)入りした13日、グソー(後生)からの使者ウシュマイ(翁)とンミー(媼)がファーマー(子や孫)を引き連れて家々を回り、先祖の供養と繁栄を祈る「アンガマ」が市内各地で始まった。

 アンガマは各地の青年会が行っている旧盆の伝統行事。2、3週間ほど前から公民館で長老や先輩たちから方言の指導を受けるなど練習に取り組んできた。

 この日、各家庭ではファーマーが踊りを披露。ウシュマイとンミーは観客からの質問に、独特の裏声でユーモアたっぷりに回答。珍問答に笑い声が響いた。  このうち、新城良政さん宅(登野城)では午後7時のスタートを前に、家族や知人らが集まった。家の外には近隣住民や観光客の姿も。

 到着したウシュマイらは、仏壇に手を合わせて「ウートートゥ」。「グソーに行く5カ条」を問われ、「西まくら」「逆さ水」「つめを切る」「ウシュマイとンミーの言うことを聞く」と説明した後、「石垣市市民課で死亡届を出すこと」と回答、周囲を沸かせた。

 観客の子どもから「なぜ歯が一本しかないのか」との質問に「甘いものが好きで、歯磨きが嫌いだったから」と歯磨きの大切さも伝えた。

 アンガマは15日のウクイピー(送り日)まで行なわれる。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク