全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最後の豊川手筒まつり

感謝を込めて手筒責任者の一斉放揚や大規模スターマイン

 晩夏を彩る豊川の風物詩が、いよいよ最後を迎える。「第32回豊川市手筒まつり」(豊川市民まつり協議会、豊川手筒まつり実行委員会主催)が24日(土)夜、市野球場で開かれる。今年をもって32年の歴史に幕を下ろす大会では、感謝を込めた特別な演出が予定される。  平成の時代を彩ってきた花火大会が、令和の幕開けを機に終わりを迎える。豊川商工会議所が主体の現行の運営方式では、今年が最後。「三十二年の感謝を込めて、いざ最終ステージへ」を合言葉に、市民と一体となった演出を企画した。

 参加する全13連区の手筒責任者らによる手筒の一斉放揚を3回開催。「32年間ありがとう 豊川手筒まつり」という文字の仕掛煙火や、豊川進雄神社に伝わる「綱火」も披露されるほか、フィナーレの大スターマインは例年よりも玉数を増やして打ち上げられる。  このほか、各連区による約400本の手筒放揚をはじめ、各企業・団体が協賛する中国煙火や仕掛煙火、スターマインなどが午後9時前までに全39ステージで披露される。大筒に一斉に点火されるクライマックスの大筒煙火は、中条、国府、千両、御油、豊川、三蔵子・一宮西部合同の6連区が参加する。  豊川商議所は安全面や人員不足から運営から手を引く方針を決め、市も継承する考えはないことを表明している。今後、形式や規模を変えるなどして大会を継続することも検討されるが、来年夏は開催されないことが確定している。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク