全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ムラサキサギ子育て中 営巣確認、留鳥に更新へ

親鳥(左)から口移しでエサを受け取るムラサキサギのヒナ=12日午後、石垣市内

 八重山諸島に生息するムラサキサギのヒナ2羽が台風9号を乗り越え、元気に育っている。日本鳥学会の日本鳥類目録7版では、石垣島のムラサキサギは冬鳥となっている。愛鳥家の間ではムラサキサギは留鳥だろうと言われていたが、巣を見つけるのが難しく、今回の記録により正式に留鳥と更新される可能性が高い。

 発見したのは、市内に住む中本純市さんで巣を見つけるのは今回で3回目となる。これまでの営巣環境と比べ、今回の場所は観察がしやすかったといい「巣づくりから子育てまで貴重な生態を観察することができた」と話す。

 ムラサキサギは、全長78~90㌢の大型のサギの仲間で頭部は黒い羽毛で覆われている。後頭から2枚の飾り羽が長く伸び、顔から首にかけて入る黒い筋が目立つ。体側面などは紫がかった赤褐色の羽毛で覆われており、名前の由来となる。

 石垣島では、水田や牧草地などで一年中、観察される。

 台風が過ぎ去った12日、親鳥が巣に戻ってくると腹を空かせたヒナたちは大きな声で催促。我先にと親鳥から口移しでエサを受け取っていた。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク