全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ムラサキサギ子育て中 営巣確認、留鳥に更新へ

親鳥(左)から口移しでエサを受け取るムラサキサギのヒナ=12日午後、石垣市内

 八重山諸島に生息するムラサキサギのヒナ2羽が台風9号を乗り越え、元気に育っている。日本鳥学会の日本鳥類目録7版では、石垣島のムラサキサギは冬鳥となっている。愛鳥家の間ではムラサキサギは留鳥だろうと言われていたが、巣を見つけるのが難しく、今回の記録により正式に留鳥と更新される可能性が高い。

 発見したのは、市内に住む中本純市さんで巣を見つけるのは今回で3回目となる。これまでの営巣環境と比べ、今回の場所は観察がしやすかったといい「巣づくりから子育てまで貴重な生態を観察することができた」と話す。

 ムラサキサギは、全長78~90㌢の大型のサギの仲間で頭部は黒い羽毛で覆われている。後頭から2枚の飾り羽が長く伸び、顔から首にかけて入る黒い筋が目立つ。体側面などは紫がかった赤褐色の羽毛で覆われており、名前の由来となる。

 石垣島では、水田や牧草地などで一年中、観察される。

 台風が過ぎ去った12日、親鳥が巣に戻ってくると腹を空かせたヒナたちは大きな声で催促。我先にと親鳥から口移しでエサを受け取っていた。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク