全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

来場者過去最低 田辺で就職説明会

来場者と熱心に話し込む企業の担当者(10日、田辺市文里2丁目で)

 紀南合同企業説明会「Uターンフェアin田辺」(実行委員会主催)が10日、和歌山県田辺市文里2丁目のホテルであった。盆の帰省時に毎年開催している。出展企業は過去20年で最多の55社あったが、求職の来場者は過去最低の75人。人手不足が浮き彫りになった。
 近年の人手不足を背景に、企業の出展は増加傾向が続いている。一時は30社台だったのが、3年連続で50社台。今年は早々に募集枠を上回る応募があり、急きょ会場のレイアウトを変更して対応した。
 一方で来場者は減少している。ピーク時は200人を超えていたが、近年は100人前後。今年は過去最低だった昨年を15人下回った。遠隔地からでもテレビ電話で説明が受けられるウェブ面談も取り入れているが利用は1人だった。
 来場者が少ない中で、絶えず人が訪れるブースと、閑古鳥が鳴くブースがはっきりと分かれた。
 田辺市の製造業の担当者は「開始当初からまずまず訪れていただいた。新卒と中途が半々くらい。ただ履歴書の締め切りは16日。実際にどれだけ応募があるかは分からない」と慎重な姿勢。同市の小売業の担当者は「前を通る人がほとんどいない。新卒採用を目指すならもっと早い時季に開いた方がよい」と注文を付けた。
 古座川町出身で大阪府の大学3年生男性(20)は「できれば地元で就職したい。今回は参考にしようと3社の説明を聞いた」、印南町出身で兵庫県の大学4年生女性(22)は「製造とサービス業の事務に絞って4社を回った。新卒採用でない会社もあったけれど、アットホームな社風が魅力的だった」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク