全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

看板に未来描く 下諏訪社中美術部がイベント

看板に10年後の下諏訪町や自分に向けてのメッセージを看板に書き込む参加者

下諏訪町下諏訪社中学校の美術部は10日、同町東山田で改装中の看板に未来へ向けたメッセージを記すイベントを、諏訪大社下社春宮近くで行った。部員が町の良い所を絵に描いたパネルを上から取り付け、文章を封じ込める「タイムカプセル」の下地作りとして実施。多くの地元住民や観光客が参加し、「10年、20年後の下諏訪町に向けて」をテーマに思い思いの言葉を書きこんだ。

看板の大きさは縦約2・5メートル、横約4メートル。東山田で観光案内板として使用されていた古看板を再利用した。参加者たちは白く塗装した一面に、黒の油性ペンで「子供達の笑顔と自然豊かな町がずっと続いてください」「皆が元気で幸せになれますように」などの文章を記した。「たのしいなかよしな町になりましたか」と真剣な表情で書き込む地元の子どもの姿もあった。

参加者には「お礼」として、アイスコーヒーやかき氷を振る舞った。同校3年で美術部部長の窪田舞花さん(14)は「たくさんの人が参加してくれてうれしい。10年後の自分はちゃんと仕事ができているか不安だけれど、アニメクリエイターになる夢をかなえたい」と話していた。

後日、美術部員が制作中のパネルを張り付けて看板を完成させることにしている。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク