全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農協サイロ 実りの滝 小麦受け入れ始まる 広尾

トラックの荷台から流れ出る小麦

 農協サイロ(社長・笠井安弘JAおとふけ組合長)の広尾・十勝港広域小麦流通センターで9日、十勝管内の今年産小麦の受け入れが始まった。

 管内24JAとホクレンが出資する農協サイロの同センターは、11万7000トンの収容能力がある。管内の秋まき小麦の収穫は5日でほぼ終了、各JAで乾燥、調製作業が進められている。

 初日はJA十勝池田町から「きたほなみ」400トンが運ばれた。昨年より8日早い受け入れで、トラックの荷台から「ザー」と大きな音を立てて、大量の小麦が受け入れ口に流し込まれた。

 これから3カ月間が受け入れの最盛期。本州の製粉会社への出荷は10月ごろから船便で順次進められる。笠井社長は「高温や乾燥など天候の影響が心配されたが、結果的に成分も含めて良い小麦が取れた。搬入作業時の事故に気を付け、品質管理に注意したい」と話した。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク