全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

医療の道 十勝で 見学会や職業体験でアピール

 医療職を目指す若者は地元で活躍して-。帯広市内の総合病院が、高校生らに医療職の面白さや地元の良さをアピールする取り組みを粘り強く進めている。十勝では管外への進学でそのまま就職してしまうケースも多い中、病院側は生徒らが地元にいるうちから接点を増やしている。

リハビリの仕事を体験する帯広柏葉高の生徒(左、帯広協会病院で)

 帯広協会病院(阿部厚憲院長)は、2013年から市内の高校3校(柏葉、緑陽、三条)の生徒を対象に医療現場の体験見学会を実施している。

 今年は第1弾として6日、柏葉生を受け入れる見学会を始めた。9日にかけ、生徒25人がリハビリ、臨床検査、画像診断、薬剤、栄養管理などの仕事を体験する。

 7日、同病院のリハビリテーション科を訪れた生徒は、角度計を使って膝の曲がり具合を図ったり、自身の体重を軽減した状態でトレーニングができるリハビリ機器「アルタ-G」を体験したりした。

 参加した女子学生(15)=1年=は「中学時代にけがでお世話になり、興味を持った。現場を間近に見て、理学療法士を目指す気持ちが強くなった」と話した。

 同病院臨床検査科の後藤浩実科長によると、こうした学生とのコミュニケーションを通じ、資格取得の際の実習先に同病院を選んでくれる生徒も少しずつ出ている。来年にも、見学会に参加経験のある学生が同病院に就職する見込みだ。

インターンシップで看護師の仕事ぶりを見学する帯広高等看護学院の学生ら(左の2人、帯広第一病院で)

 一方、帯広第一病院(山並秀章院長)は、地元の看護学生に同病院で働く面白さやメリットを改めてアピールしている。7日に帯広高等看護学院生ら9人を迎えて実施したインターンシップでは、18年に導入したばかりのパートナーシップナーシングシステム(PNS)による看護体制などを紹介した。

 PNSは看護師が2人一組で患者対応を行う仕組みで、先輩後輩の指導が円滑になったり、業務を臨機応変に分担することで時間外労働を減らしたりできるメリットがある。

 参加した女子学生(20)=同学院3年=は「現場を見て実際に仕事をするイメージが持てたし、『いいな』って思えた」と笑った。

 帯広市医師会(稲葉秀一会長)の調べによると、管内の高校では医療職を希望する若者は増加傾向にあるが、現時点では進学先の受け皿が少なく、人材が管外に流出するケースも少なくない。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク