全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

医療の道 十勝で 見学会や職業体験でアピール

 医療職を目指す若者は地元で活躍して-。帯広市内の総合病院が、高校生らに医療職の面白さや地元の良さをアピールする取り組みを粘り強く進めている。十勝では管外への進学でそのまま就職してしまうケースも多い中、病院側は生徒らが地元にいるうちから接点を増やしている。

リハビリの仕事を体験する帯広柏葉高の生徒(左、帯広協会病院で)

 帯広協会病院(阿部厚憲院長)は、2013年から市内の高校3校(柏葉、緑陽、三条)の生徒を対象に医療現場の体験見学会を実施している。

 今年は第1弾として6日、柏葉生を受け入れる見学会を始めた。9日にかけ、生徒25人がリハビリ、臨床検査、画像診断、薬剤、栄養管理などの仕事を体験する。

 7日、同病院のリハビリテーション科を訪れた生徒は、角度計を使って膝の曲がり具合を図ったり、自身の体重を軽減した状態でトレーニングができるリハビリ機器「アルタ-G」を体験したりした。

 参加した女子学生(15)=1年=は「中学時代にけがでお世話になり、興味を持った。現場を間近に見て、理学療法士を目指す気持ちが強くなった」と話した。

 同病院臨床検査科の後藤浩実科長によると、こうした学生とのコミュニケーションを通じ、資格取得の際の実習先に同病院を選んでくれる生徒も少しずつ出ている。来年にも、見学会に参加経験のある学生が同病院に就職する見込みだ。

インターンシップで看護師の仕事ぶりを見学する帯広高等看護学院の学生ら(左の2人、帯広第一病院で)

 一方、帯広第一病院(山並秀章院長)は、地元の看護学生に同病院で働く面白さやメリットを改めてアピールしている。7日に帯広高等看護学院生ら9人を迎えて実施したインターンシップでは、18年に導入したばかりのパートナーシップナーシングシステム(PNS)による看護体制などを紹介した。

 PNSは看護師が2人一組で患者対応を行う仕組みで、先輩後輩の指導が円滑になったり、業務を臨機応変に分担することで時間外労働を減らしたりできるメリットがある。

 参加した女子学生(20)=同学院3年=は「現場を見て実際に仕事をするイメージが持てたし、『いいな』って思えた」と笑った。

 帯広市医師会(稲葉秀一会長)の調べによると、管内の高校では医療職を希望する若者は増加傾向にあるが、現時点では進学先の受け皿が少なく、人材が管外に流出するケースも少なくない。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク