全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

19日 全道落花生サミット 帯広・芽室

 道内の落花生生産者や関係者らを集めて、北海道ラッカセイサミット(主催・拓殖大北海道短期大学)が19日、帯広市や芽室町内で開催される。管内では産学官金の連携で落花生産地を目指すプロジェクトが進められており、落花生畑の見学などを通して広く活動を発信する。

落花生畑の前で「十勝の取り組みを地元の多くの人に知ってほしい」と、サミット参加を呼び掛ける藤井さん

 道内でも落花生生産の機運が高まる中、サミットは2016年、拓殖大道短大(深川市)の大道雅之教授(環境農学コース)の呼び掛けでスタート。情報交換などを目的に年2回開催されている。

 これまでは大学周辺や旭川、札幌で開催してきた。十勝開催の理由について大道教授は、「十勝は規模や省力化、ICT化など他の道内産地とは違う。現地で話を聞きたいという声が高かった」とする。

 帯広畜産大、十勝グランナッツLLC、十勝農学談話会の共催。

 十勝では初開催。当日は、プロジェクトに参加する生産者代表の藤井信二さんらの畑(芽室)や、プロジェクトメンバーの帯広畜産大の秋本正博准教授の試験ほ場を視察し、情報交換を行う。

 十勝や石狩、岩見沢、深川の生育状況、産地の茨城の栽培法に関し、筑波大つくば機能植物イノベーション研究センター安全衛生責任者の直井弘典氏が話題提供する。

 藤井氏は「十勝農業に合った栽培を進めている。十勝の生産者にも見てほしい」と話している。参加無料。

 申し込みは10日まで。サミットに関する詳細は同短大のホームページで。問い合わせは大道教授(090・8907・2844)へ。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク