全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

19日 全道落花生サミット 帯広・芽室

 道内の落花生生産者や関係者らを集めて、北海道ラッカセイサミット(主催・拓殖大北海道短期大学)が19日、帯広市や芽室町内で開催される。管内では産学官金の連携で落花生産地を目指すプロジェクトが進められており、落花生畑の見学などを通して広く活動を発信する。

落花生畑の前で「十勝の取り組みを地元の多くの人に知ってほしい」と、サミット参加を呼び掛ける藤井さん

 道内でも落花生生産の機運が高まる中、サミットは2016年、拓殖大道短大(深川市)の大道雅之教授(環境農学コース)の呼び掛けでスタート。情報交換などを目的に年2回開催されている。

 これまでは大学周辺や旭川、札幌で開催してきた。十勝開催の理由について大道教授は、「十勝は規模や省力化、ICT化など他の道内産地とは違う。現地で話を聞きたいという声が高かった」とする。

 帯広畜産大、十勝グランナッツLLC、十勝農学談話会の共催。

 十勝では初開催。当日は、プロジェクトに参加する生産者代表の藤井信二さんらの畑(芽室)や、プロジェクトメンバーの帯広畜産大の秋本正博准教授の試験ほ場を視察し、情報交換を行う。

 十勝や石狩、岩見沢、深川の生育状況、産地の茨城の栽培法に関し、筑波大つくば機能植物イノベーション研究センター安全衛生責任者の直井弘典氏が話題提供する。

 藤井氏は「十勝農業に合った栽培を進めている。十勝の生産者にも見てほしい」と話している。参加無料。

 申し込みは10日まで。サミットに関する詳細は同短大のホームページで。問い合わせは大道教授(090・8907・2844)へ。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク