全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

響く鐘の音 平和へ願い

平和への願いを込めて鐘を打ち鳴らす参加者(6日、田辺市中三栖で)

 広島平和記念日の6日、紀南ユネスコ協会(濵野公二会長)は、和歌山県田辺市中三栖の尋声寺で平和の鐘を鳴らす催しを開いた。参加者が一つずつ鐘を打ち鳴らし、原爆犠牲者の冥福と世界平和を祈った。
 第2次世界大戦末期の1945年8月6日、広島市に原爆が投下された。同市では毎年、平和記念式典を開いており、同協会も「平和の願いを込めて、世界の隅々まで鐘の音を響かせよう」と1989年から田辺・西牟婁の寺で、鐘を突く催しを続けている。
 この日は協会の会員や地元住民ら20人が参加。濵野会長が「日本は周辺の国とあまり関係が良くない。国や文化、歴史が違っているからこそ、理解し合うことが大切だというのを改めて思う」とあいさつ。同寺の酒井秀瑞住職が「自分だけ良ければいいという考えが横行している。それはひいては大きな災害につながる。悪いことをしたり、言ったりしてはいけない。良いことをしなければいけない。勇気を出すことで平和が引き継がれる」と呼び掛けた。その後、参加者が順番に鐘の音を響かせた。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク