全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

夏の甲子園開幕 宇部鴻城も堂々の入場行進

堂々と行進する宇部鴻城ナイン(6日午前9時10分、甲子園球場で)

 第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、新たな100年に向けて、令和初の熱戦の火ぶたを切った。宇部鴻城は開会式の入場行進で38番目に登場。ナインは会場に響き渡るほどの大きな掛け声と共に歩を進め、集大成の夏に思いをはせた。    前年度優勝の大阪桐蔭を先頭に、出場49校が北から南の順に入場。大会会長の渡辺雅隆朝日新聞社社長のあいさつ、優勝旗返還に続き、八田英二日本高野連会長が「さまざまな試練に打ち勝ち、この場に立っている皆さんは郷土の誇り。日頃の練習の成果と持てる力を存分に発揮し、高校生らしいすがすがしいプレーを」と激励した。    選手を代表して、誉(愛知)の林山侑樹主将(3年)が「平成を振り返ると決して平たんな道のりではなく、甲子園も多くの困難を乗り越え、偉大な先輩方が支えてくれたおかげで今夏を迎えられた。大好きな野球ができることに感謝し、101回を記憶に残る大会にします」と宣誓。式終了後は、1回戦の八戸学院光星(青森)-誉がプレーボール。大会は、準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日を含む16日間の日程で行われる。    宇部鴻城は大会7日目(12日)の第1試合で、宇和島東(愛媛)と対戦する。    原田健太郎選手(3年)は「球場内の雰囲気をしっかりと味わえた。初戦も大声野球、全力疾走でチームの勝利に貢献したい」と意欲を示した。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク