全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小麦、平年作以上の見方 「実太い」 収穫ほぼ終了

収穫作業がほぼ終了した今年産の秋まき小麦。平年作以上が期待されている

 今年産の秋まき小麦の収穫作業がほぼ終了した。最終的な作柄は乾燥・調製作業の後に確定するが、農家やJAの多くは、一部地域を除き、収量・品質の両面で平年作以上の手応えをつかんでいる。昨冬の少雪や5月の干ばつなどの不安要素があった中、関係者は「予想より良い出来」と話している。

 十勝総合振興局によると、秋まき小麦は平年より2日早い7月25日に収穫が始まり、1日時点で8割以上で作業を終えた。7月末から好天が続き、収穫作業は順調に進んだ。

 JA帯広大正の役員は収穫直後の感触について、「病気などで収量に個人差はありそうだが、実は太っている」と語る。乾燥・調製後の製品段階は10アール当たり収量で10俵(1俵=60キロ)は上回る見通しだ。

 JAめむろは豊作だった2015年、17年には届かないとしながらも、「全体として収量は可もなく不可もなく。越冬状況が良くなく、干ばつもあった過酷な条件の中ではよく取れた」と見ている。

 収量は土地条件によって差があり、5月の記録的な少雨による干ばつが影響した。河川に近く櫟(れき)の多い畑では、干ばつで生育が止まったり枯れたりした。沖積土地帯に畑を持つ帯広市内の農家は「全体でも例年より収量は少ない」と話す。

 7月は曇天は続いた半面、生育はゆっくり進んで実が太る時間が確保された。収穫期に入った同月下旬以降は好天となり、収穫作業は順調に進んだ。

 十勝指導農業士会の津島朗副会長(音更)は「現段階で収量は平年並みか平年より良く、品質は非常に良いとみられる。ほ場差、個人差が出たのも特徴。土づくりや土地改良の大切さを感じる作柄でもあった」と話している。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク