全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小麦、平年作以上の見方 「実太い」 収穫ほぼ終了

収穫作業がほぼ終了した今年産の秋まき小麦。平年作以上が期待されている

 今年産の秋まき小麦の収穫作業がほぼ終了した。最終的な作柄は乾燥・調製作業の後に確定するが、農家やJAの多くは、一部地域を除き、収量・品質の両面で平年作以上の手応えをつかんでいる。昨冬の少雪や5月の干ばつなどの不安要素があった中、関係者は「予想より良い出来」と話している。

 十勝総合振興局によると、秋まき小麦は平年より2日早い7月25日に収穫が始まり、1日時点で8割以上で作業を終えた。7月末から好天が続き、収穫作業は順調に進んだ。

 JA帯広大正の役員は収穫直後の感触について、「病気などで収量に個人差はありそうだが、実は太っている」と語る。乾燥・調製後の製品段階は10アール当たり収量で10俵(1俵=60キロ)は上回る見通しだ。

 JAめむろは豊作だった2015年、17年には届かないとしながらも、「全体として収量は可もなく不可もなく。越冬状況が良くなく、干ばつもあった過酷な条件の中ではよく取れた」と見ている。

 収量は土地条件によって差があり、5月の記録的な少雨による干ばつが影響した。河川に近く櫟(れき)の多い畑では、干ばつで生育が止まったり枯れたりした。沖積土地帯に畑を持つ帯広市内の農家は「全体でも例年より収量は少ない」と話す。

 7月は曇天は続いた半面、生育はゆっくり進んで実が太る時間が確保された。収穫期に入った同月下旬以降は好天となり、収穫作業は順調に進んだ。

 十勝指導農業士会の津島朗副会長(音更)は「現段階で収量は平年並みか平年より良く、品質は非常に良いとみられる。ほ場差、個人差が出たのも特徴。土づくりや土地改良の大切さを感じる作柄でもあった」と話している。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク