全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

引馬神社で七福神祭り

 豊川市御津町御馬の引馬(ひくま)神社・八幡社祭礼が3、4日に開かれ、2日目は市指定無形民俗文化財の笹踊りと七福神踊りが披露された。  漁業発展や五穀豊穣を祈る祭りで、最初に三河湾を望む御馬漁港で神事が行われ、白狐と七福神の面や衣装を身に付けた子どもたちが海に向かって踊った後、ヤンヨー神という3人の若者が囃子(はやし)方の歌に合わせ、太鼓をたたいて舞った。  引馬神社で神輿(みこし)行列と合流した後、西御馬にある八幡社までの渡御(とぎょ)の中、住宅街の数カ所でも同様に踊りを披露。住民らは打ち水をするなどして行列を迎えた。  七福神踊りは蒲郡市の三谷祭から派生したとされ、7体の神のうち、弁財天ではなく使いの白狐が特徴的。陽物をかたどった朱塗りの棒を手に、ほかの神を先導した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク