全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水面きらびやか 十勝港海上花火 広尾

海面を鮮やかに染めた迫力の花火(12秒露光)

 広尾町の夏を盛り上げる「第64回十勝港まつり」(まつり協賛会主催)が3日、十勝港で開かれた。「第31回十勝港海上花火大会」では計6000発の花火が夜空や海を彩り、約1万9000人の来場者を楽しませた。

 管内唯一の「海上花火」では、昨年引退した山岸國夫船長(80)に代わり、広尾漁協エゾバイツブ篭(かご)漁業部会(関下啓史郎部会長)が操船を担当。船が移動しながら海面に設置し、直径が最大200メートルにもなる扇状の花火に歓声が上がった。音楽やレーザーとともに迫力ある花火も打ち上げられた。

 広尾町出身で札幌市の公務員山田綾さん(32)は昨年に続き、ふるさと納税返礼品の招待席を利用。父母ら家族6人で観賞し、「広尾ならではの海上花火が好きで、今年もすごく良かった」と満喫していた。

 まつりはこのほか、海上自衛隊の掃海母艦「うらが」一般公開、YOSAKOIソーラン演舞、ポートバザールなどでにぎわいを見せた。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク