全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水面きらびやか 十勝港海上花火 広尾

海面を鮮やかに染めた迫力の花火(12秒露光)

 広尾町の夏を盛り上げる「第64回十勝港まつり」(まつり協賛会主催)が3日、十勝港で開かれた。「第31回十勝港海上花火大会」では計6000発の花火が夜空や海を彩り、約1万9000人の来場者を楽しませた。

 管内唯一の「海上花火」では、昨年引退した山岸國夫船長(80)に代わり、広尾漁協エゾバイツブ篭(かご)漁業部会(関下啓史郎部会長)が操船を担当。船が移動しながら海面に設置し、直径が最大200メートルにもなる扇状の花火に歓声が上がった。音楽やレーザーとともに迫力ある花火も打ち上げられた。

 広尾町出身で札幌市の公務員山田綾さん(32)は昨年に続き、ふるさと納税返礼品の招待席を利用。父母ら家族6人で観賞し、「広尾ならではの海上花火が好きで、今年もすごく良かった」と満喫していた。

 まつりはこのほか、海上自衛隊の掃海母艦「うらが」一般公開、YOSAKOIソーラン演舞、ポートバザールなどでにぎわいを見せた。

関連記事

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

大自然ゆったり満喫 石垣島ライドに303人

 グレートアース石垣島ライド2019(同実行委員会主催)が8日、石垣市新川の舟蔵児童公園を発着点に行われ、100㌔と55㌔の2部門に島内外から303人が参加、自転車を走らせながら石垣島の大自然を満...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク