全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

極彩色の大灯籠 街染める

天空の不夜城の大型灯籠「愛季」と「嘉六」が交差点で共演、観客の注目が集まる(能代市の国道101号柳町新道交差点で)

 高さ日本一の城郭灯籠が夏の夜空を彩る能代七夕「天空の不夜城」は3日、能代市中心部の国道101号で開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が色鮮やかな歴史絵巻を浮かび上がらせた。運行にはスタッフとボランティア合わせて約700人が参加。市内外から観客が訪れ、七夕ばやしが響く街を熱気に包んだ。

 商工、観光、行政など官民一体で組織する能代七夕「天空の不夜城」協議会(会長・広幡信悦能代商工会議所会頭)の主催。伝統の七夕行事を生かして交流人口増加を図り、地域活性化につなげようと平成25年に始まり、7年目を迎えた。
 コースは昨年と同じ市役所前交差点から通町交差点までの約650㍍。夕闇が迫る午後7時、市役所側から嘉六が出発し、2基の能代若、3基の小若灯籠に続き愛季が繰り出した。
 2基の大型灯籠は日が暮れるにつれてきらびやかな姿を夜の街に浮かび上がらせた。明治期に運行された大型灯籠を復元した嘉六と、高さが8階建てビルに相当する愛季は、沿道の家々や街路樹を見下ろすように進み、観覧客から歓声が上がった。同8時すぎ、2基の大型灯籠がイオン能代店前に集結。太鼓のそろい打ちを披露して熱気は最高潮に達した。
 最終日の4日も同7時から9時ごろまで運行する。灯籠が練り歩くのに先立ち、同6時ごろから踊りのステージなども披露される。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク