全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

木やりで乗客出迎え トランスイート四季島初停車

JR上諏訪駅のホームに入ってくる「トランスイート四季島」。地元の親子連れや鉄道ファンが手や旗を振って歓迎した

JR東日本が運行する豪華寝台列車「トランスイート四季島」は3日、初めてJR上諏訪駅と下諏訪駅で停車し、乗客が諏訪市と下諏訪町を観光した。2泊3日の夏の特別企画の初日で、今回のみの限定コース。両駅には地元の観光協会や行政関係者、親子連れや鉄道ファンらが集まり、乗客を歓迎した。各市町の木遣保存会による木やりの披露もあった。

2017年5月の運行以来、両駅で下車観光するのは初めて。「日本の原風景を訪ねる」をテーマに、東京を発着地に長野や新潟、秋田県などを巡る。

上諏訪駅では、シャンパンゴールドの車体がホームに入ると、待ち構えた人々は手や旗を振って歓声を上げた。夢中でカメラのシャッターを切る姿もあった。下車した乗客を花道をつくって迎え入れ、互いに笑顔で会釈を交わしていた。木やりの披露には思わず乗客も足を止め、喜んでいた。

母と一緒に乗車した小鷹律子さん(55)=東京都=は「諏訪は初めてなので楽しみ。木やりの歓迎には恐縮した」と笑顔。鉄道同好会の友人と駆け付けた松本秀峰中等教育学校1年の小林大将さん(12)=同市高島=は「内装まで見えて、とっても豪華だった。写真もうまく撮れた」とうれしそうに話した。

乗客は上諏訪駅で下車後、バスで移動して同市の原田泰治美術館の展示を見学。同町の諏訪大社下社秋宮を訪れ、下諏訪駅で再び四季島に乗車した。

関連記事

長野日報社

雪づくり急ピッチ 諏訪地方のスキー場

本格的な冬が到来し、12月上旬から中旬にかけて諏訪地方の各スキー場が続々とオープンする。現在、各スキー場では、人工降雪機(スノーマシン)をフル稼働し、オープンに間に合わせようと急ピッチでゲレンデ...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

蒲郡ミカン「箱入娘」出荷最盛

 蒲郡市で、露地栽培のブランドミカン「箱入娘」の出荷が最盛期を迎えた。農家が手塩にかけて育てた厳選種。冬場の贈答用として販売している。  箱入娘は温州ミカン「宮川早生」で、畑に白いシートを敷...

「じてんしゃのまち新城」バナー作りPR

自転車イベントでお披露目  2026年に県内で開かれる第20回アジア競技大会で自転車競技ロードレースの会場候補地となっている新城市は、大会とまちをPRするバナーを作った。「じてんしゃのまち ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク