全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新型でイノシシ御用 捕獲おりを考案

「ネット式箱わな」と考案した鳥居洋木主任

 和歌山県が考案した有害鳥獣捕獲おり「ネット式箱わな」が注目されている。昨年10月の発売以降、役場や農業関係者からの問い合わせもあり、期待が高まっている。

 考案したのは、鳥獣被害対策に携わっている日高振興局農業水産振興課の鳥居洋木主任(53)。  従来の箱わなは鉄製のおりで、重さが約100キロあり、運搬に多人数が必要。斜面には設置できず、獲物が中で暴れるので捕獲時に危険性がある。そこで、労力が要らず簡単で安全かつ効果的に捕獲できる新しい箱わなができないか、約2年前に開発に着手。有田川町の三木鉄工所と共同で製作した。  1人でも動かせ、傾斜地でも設置できる軽い箱わなをと改良を重ね、入り口部は約1メートル四方の鉄製の枠、その上部に獲物が入れば閉まる鉄製の扉、鉄格子の代わりに長さ2メートルのポリエステル製のネットを取り付けたものを作った。重さは約40キロで、軽トラックの荷台に八つ積める。  イノシシが中に入ると扉が閉まって出られなくなり、暴れると鉄製の枠が倒れてネットに絡まったイノシシを押さえる役目を果たして安全に捕獲できる。獲物が圧死すると違法猟具になるため工夫したという。  3カ月間テストした結果、イノシシ15匹を捕獲した。鳥居さんは「従来の箱わなは、一度設置すると移動が困難。イノシシは防護策の周辺をうろつくので、ネット式箱わななら、そこに素早く設置して捕獲できる」と説明している。  現在、県が特許を申請中。価格は8万円(税別)。問い合わせは、製作と販売をしている三木鉄工所(0737・52・2101)か日高振興局農業水産振興課(0738・24・2926)へ。

《サル用の新型おりも》

 日高振興局農業水産振興課では、鳥居さんら職員がサル用の移動式捕獲おりも開発。みなべ町内の山中に設置し、効果を試している。  名称は「さすらいサル捕るくん」。鉄製で幅1・4メートル、奥行き1・9メートル、高さ2・5メートル、重さ約140キロ。  鳥居さんらによると、これまでのサル用の囲いわなは、イノシシ用の箱わななどと比べて大型で重かった。そのため、一度設置すると簡単には移動できず、設置は大型車両が進入できる場所に限られていたという。  「サル捕るくん」は、軽自動車の荷台に積み込めるサイズで、サルの群れの情報を基に移動ルート周辺に設置しやすくなる。現在は1基のみで、みなべ町熊瀬川の山中に2日から設置している。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク