全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日銀総裁「食の十勝、堅調」 ブランド農業を評価

 日本銀行の黒田東彦総裁が1日に来勝し、帯広市内のホテルで、十勝毎日新聞社の林浩史社長のインタビューに応じた。効率性とブランド力を兼ね備えた十勝農業を評価し、「(十勝経済は)キーとなる食を生かしつつイノベーション(変革)を加えている。全国的に見て北海道は順調に成長しており、特にこの地区は堅調に推移している」との見方を示した。

十勝農業の効率性などを高く評価した黒田総裁

 全国の支店・事務所視察の一環で7月31日と1日の2日間、釧路支店(山崎真人支店長)と帯広事務所(水川達生所長)を訪れた。併せて十勝を含む道東地域の行政、金融、経済の代表者とも懇談した。黒田総裁がプライベートも含めて十勝を訪れるのは初めて。インタビューには山崎支店長と水川所長が同席した。

 畑作や酪農・畜産を基幹産業とする十勝・釧路を視察した印象について、「日本では珍しく(土地が)極めて広い。だから農業でも畜産でも大規模」と強調。十勝農業については、「機械化などで合理化し、品質、ブランド化に力を入れている。量的にも質的にも非常に優れた物を作っている」と語った。

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST)によるロケット打ち上げなど、十勝が長年取り組む宇宙基地構想を踏まえ、「新産業にチャレンジするのは、この地域の特徴なのかも。ある意味、チャレンジする余裕があるのがいいところ」と述べた。

 北海道・十勝の産業発展の背景には、高速道路を中心とするインフラの整備が貢献していると強調。「北海道の未来は比較的明るい。人口減少の中、どう産業を発展させ、雇用を拡大させていくかは経済界や行政の役割が大きい」と語った。

日銀 黒田東彦総裁×勝毎 林浩史社長インタビュー
 日銀の黒田東彦総裁は1日、十勝毎日新聞社の林浩史社長とのインタビューで、農業、観光などを含む十勝の印象について幅広く語った。主なやりとりを紹介する。(文中敬称略)

インタビュー後に握手を交わす(右から)黒田総裁と林社長

量も質も優れた
 林 帯広・十勝は初めてと聞いた。ここ数日は暑い日が続いている。

 黒田 (直近に訪問した)フランスのG7、アメリカのコロンビア大学も暑かった。アメリカは38度はあった。帰国すると東京も梅雨明け。そして道東に来たら暑くて、さらに驚いている。

 林 十勝は歴史的に畑作、酪農・畜産が経済のメーンとなっている。

 黒田 農業も畜産も大規模。機械化やロボットを導入して大変な合理化を進めている。生産者が品質向上やブランド化に力を入れていると感じた。量的にも質的にも非常に優れた農畜産物を作っている。

 キーとなる食を生かしつつ、イノベーションを加えているのが印象的。全国的に見ても北海道の経済は順調に成長しており、特にこの地区は堅調に推移している。その核になっているのが畑作と酪農・畜産。

観光は特殊な産業
 林 十勝はチャレンジ精神が旺盛。食と結び付いた観光もある。

 黒田 観光は特殊な産業。スイスのような所得が高いところや中くらいのタイなどの国、カンボジアやミャンマーといった低所得の国でも成立する。日本もしかるべき魅力を備えていれば、十分成立する。

 林 十勝といえばロケット。5月には大樹町で、小型観測ロケットの(宇宙空間への)打ち上げに成功した。

 黒田 (かつて主力だった)石炭、鉄鋼、造船、化学など重化学工業は所得が上がると、コスト面で途上国と対抗できなくなる。北海道・十勝は農畜産や観光に加え、新産業にチャレンジする余力があるのがいい。もちろん、チャレンジなので必ず成功するわけではない。ただ、挑戦しないと新しいところは開けない。

北海道将来明るい
 林 十勝は民間が開拓した歴史を持つ。経済に関し期待することは。

 黒田 国や道庁の貢献もあるが、高速道路が整備されてきている。空港も道内全体が民営化されて運営される予定だ。インフラが産業の発展に貢献している。そういう意味で、北海道の将来は比較的明るい。

 日本全国で人口が減る中、どう産業を発展させ、雇用を拡大させていくのか、それぞれの経済界、行政が果たす役割は大きい。

<黒田東彦>
 くろだ・はるひこ。1944年、福岡県出身。東大法学部卒。大蔵省(現・財務省)で国際局長などを歴任。2013年から日銀総裁。任期は23年4月8日まで。74歳。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク