全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

プラモデル作り楽しく共有 すわモデラーズクラブ発足

自慢のプラモデルを持ち寄り、工夫点などについて語らう宮澤代表(左)と愛好者

自慢のプラモデルを持ち寄って語らう愛好者仲間の輪をつくろうと、「すわモデラーズクラブ」が発足した。8月4日午後1時から、2回目の模型交流会を諏訪市の駅前交流テラスすわっチャオで開く。今後月1回開き、メンバーを募っていく。

発起人の宮澤幸雄代表(45)=長野県茅野市玉川=は30歳の頃からプラモデルを趣味にしており、既製品を組み立てた後、独自に塗装したり、パーツ、シールなどを追加購入したりして完成度を高めている。これまでは会員制交流サイト(SNS)を通じて出来栄えなどを発信し、愛好者同士で情報交換を行ってきたが、直接会って対話や交流を楽しみたいと思うようになった。

近隣では松本市で愛好者が集まる交流会が開かれていたが、諏訪地方にはなかったため、自ら立ち上げた。SNSで参加を呼び掛けたところ賛同者が集まり、6日にすわっチャオで開いた第1回交流会には5人が模型を持参して訪れた。

宮澤代表によると、プラモデルを持ち寄って感想を語り合うと、新たな発想が生まれやすいという。第2回交流会に向けて参加者を募っており、「皆さんとものづくりの楽しさを共有したい。途中参加、途中退出でも構わないので気軽に足を運んでほしい」と呼び掛けている。参加費は無料。問い合わせは宮澤代表(電話090・5506・6803)へ。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク