全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

1泊して現場で福祉を学ぶ

高校生ワークキャンプ

 豊橋市内の高校生が夏休みを活用し、福祉施設に1泊して体験実習を行う「高校生ワークキャンプ」が30日、同市高師町の豊橋市福祉事業会各施設で始まった。31日まで。

 同市社会福祉協議会が展開する「青少年等ボランティア福祉体験学習事業」の一環。学生が泊まり込みで施設の仕事などを学び、福祉業務や障害児者への理解を深める試み。今年は豊橋東、豊橋商業、豊橋工業、時習館の4校から計17人が参加、障害者支援施設「豊橋ちぎり寮」を拠点に事業会の運営する4施設に分かれ、それぞれの施設の内容に応じて仕事を体験。利用者との交流を図ったり、職員の業務の手伝い、施設利用者と一緒に軽作業を行うなど、各施設特有の業務に取り組んだ。  このうち、障害福祉サービス事業所「ワークス岩西」では4人が活動。同施設は18歳以上の知的障害者の就労を支援しており、高校生は利用者と一緒に木枠に紙を貼ったり、主力施設製品である干支(えと)の置き物の説明書をハサミで切りそろえるなど、利用者が日頃行っている下請け業務や自主製品づくりなどに汗を流した。  将来、市役所で働きたいと話す、豊橋東2年の酒井美緒さんは「事業会には初めて訪れた。障害のある人や高齢者にかかわる機会が少ないので、将来役に立てたいと参加した。障害のある人がどういう姿勢で働いているかなどを知り、少しでも理解できるようになりたい」とし、豊橋工業1年の安藤稜真さんは「大学に進学するにも就職するにもコミュニケーションは大切だと思い、ボランティアを通してコミュニケーション能力を高めたいと参加した。障害のある人も難しい業務をしていることを知った。自分で希望して参加した以上、全力で頑張りたい」と語っていた。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク