全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

高校生バイオサミットin鶴岡

 生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集う「第9回高校生バイオサミットin鶴岡」が29日、鶴岡市覚岸寺の鶴岡メタボロームキャンパスで始まった。30日まで高校生たちが研究の成果や計画について発表し、31日に表彰式などが行われる。

 日本の科学の次代を担う人材育成を狙いに県や市、慶應義塾大先端生命科学研究所が実行委員会を組織して2011年から毎年開催している。1次審査を経て、今年は全国85の高校・高専から生徒・学生208人(県内10校、35人)が参加。成果発表部門75点、計画発表部門32点、合わせて過去最多となる計107点が集まった。

 初日の29日は成果発表部門の予選が行われ、75点がポスター発表された。冨田勝同研究所長を審査委員長に18人が発表を審査。高校生たちは4分の持ち時間の中で、研究の目的や方法、結果と考察を発表し、審査員の質問にしっかりと答えていた。同部門には庄内からは3人が参加。このうち鶴岡中央高2年の富樫遥登さん(17)は「三次元系統樹の作成」を発表。チンパンジーやゴリラなどの霊長目19個と近縁のもの1個の分子系統樹を、立体模型、3Dプリンター、AR(拡張現実)の3種類で制作し、目的や制作方法をまとめた。「系統樹は生命の進化の歴史を理解するのに有効なツールだが、平面の系統樹は複雑で見にくく分かりづらい。3次元化することで子どもたちにも親しみやすくなり、教育現場などに活用できるのではと考えた」と説明していた。

 30日は同部門決勝と計画発表が行われる。

生命科学分野の研究をする高校生が研究成果をポスター発表。審査員や来場者と質疑応答した

関連記事

豊川の小中学校で人権教室

 今月4~10日の人権週間に合わせて、豊橋人権擁護委員協議会豊川地区委員会(細野文治会長)は豊川市内の小中学校で出張人権教室を開いた。  国府町の市立西部中学校では人権擁護委員11人が来校し「権...

荘内日報社

庄内スマートテロワール 生産されたジャガイモ学校給食に

 鶴岡市を中心に地域で特色ある食料自給圏の形成を目指す「庄内スマート・テロワール(庄内自給圏)」事業で生産されたジャガイモを使った学校給食が今月の限定日、同市内の小中学校37校で実施される。10日は11...

開運おみくじ 1年の始まりに 元日から音更神社で頒布

 音更神社(佐々木敬宮司)は元日から、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだ手のひらサイズの「開運干支おみくじ」を新たに頒布する。  白色の素焼き陶器をベースに、かわいらしいネズミのイラス...

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク