全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

高校生バイオサミットin鶴岡

 生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集う「第9回高校生バイオサミットin鶴岡」が29日、鶴岡市覚岸寺の鶴岡メタボロームキャンパスで始まった。30日まで高校生たちが研究の成果や計画について発表し、31日に表彰式などが行われる。

 日本の科学の次代を担う人材育成を狙いに県や市、慶應義塾大先端生命科学研究所が実行委員会を組織して2011年から毎年開催している。1次審査を経て、今年は全国85の高校・高専から生徒・学生208人(県内10校、35人)が参加。成果発表部門75点、計画発表部門32点、合わせて過去最多となる計107点が集まった。

 初日の29日は成果発表部門の予選が行われ、75点がポスター発表された。冨田勝同研究所長を審査委員長に18人が発表を審査。高校生たちは4分の持ち時間の中で、研究の目的や方法、結果と考察を発表し、審査員の質問にしっかりと答えていた。同部門には庄内からは3人が参加。このうち鶴岡中央高2年の富樫遥登さん(17)は「三次元系統樹の作成」を発表。チンパンジーやゴリラなどの霊長目19個と近縁のもの1個の分子系統樹を、立体模型、3Dプリンター、AR(拡張現実)の3種類で制作し、目的や制作方法をまとめた。「系統樹は生命の進化の歴史を理解するのに有効なツールだが、平面の系統樹は複雑で見にくく分かりづらい。3次元化することで子どもたちにも親しみやすくなり、教育現場などに活用できるのではと考えた」と説明していた。

 30日は同部門決勝と計画発表が行われる。

生命科学分野の研究をする高校生が研究成果をポスター発表。審査員や来場者と質疑応答した

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク