全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

御舟渡御華やかに 河内祭

河内島をゆっくり回る御舟(29日、串本町古田で)

 和歌山県串本、古座川両町を流れる古座川で28、29日、御舟行事と古座青年会の古座獅子が国の重要無形民俗文化財になっている「河内祭」が営まれた。華やかな御舟(みふね)の水上渡御や勇壮な「古座獅子」の舞などがあり、多くの見物人を魅了した。

 河内祭は、串本町古田と古座川町宇津木の境に浮かぶ「河内島」をご神体とする「河内神社」の祭り。下流域の串本町古座と古田、古座川町の高池下部と宇津木、月野瀬の5地区が祭りを担っている。
 今年の祭りは台風の影響で1日順延され、29日の本祭で営まれる予定だった古座中学校生徒による櫂伝馬競漕(かいてんまきょうそう)は中止になった。
 本祭では、串本町古田の河原で神事が営まれた後、華麗な王朝絵巻の図柄が染められたまん幕や、「古座大明神」と書かれたのぼりなどで飾られた御舟が河内島をゆっくり周回。熊野地方の獅子舞のルーツといわれる3地区の獅子舞が競演した。
 29日の夕方からは串本町古座の古座漁港広場で「熊野水軍古座河内祭の夕べ」(実行委員会主催)があり、ダンスステージや花火大会でにぎわった。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク