全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「新聞教育」十勝から発信 7年ぶり全国大会開幕

全国の教育関係者が集まり開幕した全国新聞教育研究大会

 「第62回全国新聞教育研究大会北海道十勝・帯広大会」が30日午後、帯広市内のとかちプラザで開幕した。十勝での開催は7年ぶり4回目。全国から新聞教育に携わる教育関係者ら約200人が集まった。31日まで議論を深め、新聞教育の発展を目指す。

 全国新聞教育研究協議会(菅野茂男会長)、北海道十勝新聞教育研究会(野上泰宏会長)の主催。今回は「実社会とのかかわりを意識した新聞教育~新聞のよさを生かした授業づくり~」を大会主題に掲げた。

 開会式で菅野会長は「この2日間を子どもたちが未来に羽ばたくきっかけにしたい」とあいさつ。大会実行委員長も務める野上会長は「今大会の成果を全国で共有し、ますます新聞教育が盛んになることを祈念する」と述べた。

 来賓として十勝教育局の大橋則之局長、帯広市教委の嶋崎隆則教育長、毎日新聞社こども環境・文化研究所の阿部孝司所長、十勝毎日新聞社の林浩史社長が祝辞。斎藤義一(故人、初代全国新聞教育研究協議会会長)賞と功労賞の表彰のほか、学校やPTA新聞の表彰もあり、帯広明星小など十勝から15校が選ばれた。

 この日は元高校教諭の宮本延春氏の講演や、研究分科会が行われた。31日は十勝管内の教諭が新聞を活用した授業を公開し、閉会する。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク