全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「新聞教育」十勝から発信 7年ぶり全国大会開幕

全国の教育関係者が集まり開幕した全国新聞教育研究大会

 「第62回全国新聞教育研究大会北海道十勝・帯広大会」が30日午後、帯広市内のとかちプラザで開幕した。十勝での開催は7年ぶり4回目。全国から新聞教育に携わる教育関係者ら約200人が集まった。31日まで議論を深め、新聞教育の発展を目指す。

 全国新聞教育研究協議会(菅野茂男会長)、北海道十勝新聞教育研究会(野上泰宏会長)の主催。今回は「実社会とのかかわりを意識した新聞教育~新聞のよさを生かした授業づくり~」を大会主題に掲げた。

 開会式で菅野会長は「この2日間を子どもたちが未来に羽ばたくきっかけにしたい」とあいさつ。大会実行委員長も務める野上会長は「今大会の成果を全国で共有し、ますます新聞教育が盛んになることを祈念する」と述べた。

 来賓として十勝教育局の大橋則之局長、帯広市教委の嶋崎隆則教育長、毎日新聞社こども環境・文化研究所の阿部孝司所長、十勝毎日新聞社の林浩史社長が祝辞。斎藤義一(故人、初代全国新聞教育研究協議会会長)賞と功労賞の表彰のほか、学校やPTA新聞の表彰もあり、帯広明星小など十勝から15校が選ばれた。

 この日は元高校教諭の宮本延春氏の講演や、研究分科会が行われた。31日は十勝管内の教諭が新聞を活用した授業を公開し、閉会する。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク