全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「新聞教育」十勝から発信 7年ぶり全国大会開幕

全国の教育関係者が集まり開幕した全国新聞教育研究大会

 「第62回全国新聞教育研究大会北海道十勝・帯広大会」が30日午後、帯広市内のとかちプラザで開幕した。十勝での開催は7年ぶり4回目。全国から新聞教育に携わる教育関係者ら約200人が集まった。31日まで議論を深め、新聞教育の発展を目指す。

 全国新聞教育研究協議会(菅野茂男会長)、北海道十勝新聞教育研究会(野上泰宏会長)の主催。今回は「実社会とのかかわりを意識した新聞教育~新聞のよさを生かした授業づくり~」を大会主題に掲げた。

 開会式で菅野会長は「この2日間を子どもたちが未来に羽ばたくきっかけにしたい」とあいさつ。大会実行委員長も務める野上会長は「今大会の成果を全国で共有し、ますます新聞教育が盛んになることを祈念する」と述べた。

 来賓として十勝教育局の大橋則之局長、帯広市教委の嶋崎隆則教育長、毎日新聞社こども環境・文化研究所の阿部孝司所長、十勝毎日新聞社の林浩史社長が祝辞。斎藤義一(故人、初代全国新聞教育研究協議会会長)賞と功労賞の表彰のほか、学校やPTA新聞の表彰もあり、帯広明星小など十勝から15校が選ばれた。

 この日は元高校教諭の宮本延春氏の講演や、研究分科会が行われた。31日は十勝管内の教諭が新聞を活用した授業を公開し、閉会する。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク