全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

迫力の大蛇、観客魅了 清姫まつり

会場を練る清姫の化身という「大蛇」の模型(28日、田辺市中辺路町真砂で)

 和歌山県田辺市中辺路町真砂で28日、この地で生まれたという「安珍・清姫伝説」の清姫にちなんだ催し「熊野古道清姫まつり」が開かれた。昨年は台風の影響で中止となっており、2年ぶりの開催。清姫の化身とされる「大蛇」の模型が口から火を吹いて会場を練るなどし、訪れた観客を魅了した。
 町観光協会の主催で、32回目。台風の影響で1日順延し、プログラムを一部変更して開いた。
 富田川河川敷に設けられたステージでは、地元の保育園児の踊りや音頭保存会と中辺路小学校児童による清姫音頭、中辺路中学校の生徒による「なか中ソーラン」、なかへち清姫太鼓の演奏が披露されたほか、地元出身の歌手田辺大蔵さんが清姫をテーマにした歌などを披露し、会場を盛り上げた。
 安珍・清姫伝説を再現した創作舞踊に続き、清姫の化身という全長約20メートルの大蛇の模型が、舞台袖から登場。目を光らせ、口から火を吹きながら、逃げる安珍を追って会場を練った。花火も打ち上げて催しを締めくくった。
 今年は清姫をテーマにした劇の上演を目指している「劇団たなべ座」の有志も、大蛇を動かすスタッフとして参加。泉清代表(56)は「純粋な女性である清姫を広く伝えたい。少しでもまつりの力になれればと思って参加した」と話した。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク