全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

迫力の大蛇、観客魅了 清姫まつり

会場を練る清姫の化身という「大蛇」の模型(28日、田辺市中辺路町真砂で)

 和歌山県田辺市中辺路町真砂で28日、この地で生まれたという「安珍・清姫伝説」の清姫にちなんだ催し「熊野古道清姫まつり」が開かれた。昨年は台風の影響で中止となっており、2年ぶりの開催。清姫の化身とされる「大蛇」の模型が口から火を吹いて会場を練るなどし、訪れた観客を魅了した。
 町観光協会の主催で、32回目。台風の影響で1日順延し、プログラムを一部変更して開いた。
 富田川河川敷に設けられたステージでは、地元の保育園児の踊りや音頭保存会と中辺路小学校児童による清姫音頭、中辺路中学校の生徒による「なか中ソーラン」、なかへち清姫太鼓の演奏が披露されたほか、地元出身の歌手田辺大蔵さんが清姫をテーマにした歌などを披露し、会場を盛り上げた。
 安珍・清姫伝説を再現した創作舞踊に続き、清姫の化身という全長約20メートルの大蛇の模型が、舞台袖から登場。目を光らせ、口から火を吹きながら、逃げる安珍を追って会場を練った。花火も打ち上げて催しを締めくくった。
 今年は清姫をテーマにした劇の上演を目指している「劇団たなべ座」の有志も、大蛇を動かすスタッフとして参加。泉清代表(56)は「純粋な女性である清姫を広く伝えたい。少しでもまつりの力になれればと思って参加した」と話した。

関連記事

「じてんしゃのまち新城」バナー作りPR

自転車イベントでお披露目  2026年に県内で開かれる第20回アジア競技大会で自転車競技ロードレースの会場候補地となっている新城市は、大会とまちをPRするバナーを作った。「じてんしゃのまち ...

銘菓・ピリカコタンの包装「総選挙」 チラシや店頭で投票 芽室・まさおか

 芽室町内の老舗菓子店「お菓子のまさおか」(東1ノ2、正岡崇社長)は12月6日から「ピリカコタン総選挙」と銘打ち、販売55周年を迎えた代表的な菓子「ピリカコタン」の新パッケージを4案の中から投票で...

毛がに 輪投げでゲット 12月8日 「広尾毛がにまつり」

 大釜でゆでた旬の毛ガニを販売する「広尾毛がにまつり」が12月8日午前9時から午後2時まで、シーサイドパーク広尾で開かれる。今回は第50回。輪投げでとらえた活ガニをもらえる初のイベントなどで節目を...

長野日報社

「DJ GOMI」に大盛り上がり 茅野市永明中学校がクラブに

ミラーボールが輝き、光と音で華やいだ、かつての大人の社交場「ディスコ」。今は「クラブ」と呼ばれ、そこでテンポの早い曲をノンストップで次々と流し、お客さんを楽しませてくれるのがクラブDJ(ディスク...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク