全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛肉輸出 米へ初出荷 十勝工場から170キロ

第1号の牛肉が積み込まれたトラック前でテープカットする関係者

 食肉の米国輸出可能施設に認定された北海道畜産公社(本社札幌、岡本安司社長)の道東事業所十勝工場(帯広市西24北2)で27日、米国に初めて輸出される牛肉の出荷式が開かれた。

 米国輸出対応のと畜施設は国内14施設目。十勝工場の第3工場が今年5月末、道内では初めて厚生労働省から認定を受けた。

 この日出荷した牛肉はホクレン(札幌)が荷主で、JA上士幌町の黒毛和牛4頭分のロース肉(約170キロ)。羽田経由で米カリフォルニア州に運び、ホテルなど外食店に販売される。

 米国への輸出量計画は今後策定するが、ホクレン畜産販売部ビーフ課は「今後、米国への輸出は継続的に進めるほか、将来的には香港にも広げるなど拡大したい」としている。

 初荷の出荷式が事務所内で開かれ、土屋俊亮道副知事、十勝地区農協組合長会の有塚利宣会長、米沢則寿帯広市長など来賓を含む約80人が出席。岡本社長は「最高度の食肉輸出基準である北米向け認可を受けた。上質で安全な道産牛肉を安定輸出し、生産基盤の維持拡大につなげてほしい。今後も衛生品質管理の徹底を図る」と述べた。

 第3工場前で関係者によるテープカットを行い、食肉を積み込んだトラックが出発した。

 第3工場の処理能力は1日100頭。有塚会長は「今回の認定と輸出拡大が十勝を含む道東エリアの発展につながることを期待したい」と話していた。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク