全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジオバウムが完成

完成した串本町特産のサツマイモを使ったバームクーヘン(25日、串本町串本で)

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式でお披露目される。
 商品を開発したのは株式会社トータル・プランニング(有田市)が経営するバウムクーヘン専門店「MAHALO(マハロ)」。同社の富山晃至代表取締役(42)が25日、同町串本の町役場を訪れ、田嶋勝正町長に完成を報告した。
 独特の甘さを持つ「なんたん蜜姫」を使い、バウムクーヘンの年輪を地層に見立てた商品。クリーミーさが口に広がりつつ、サツマイモの風味が十分に感じられる仕上がりになっており、温めて食べると、よりサツマイモの風味が増すという。価格は千円前後になる見込みで、近日中に町内の店舗での販売開始を予定している。
 町から商品開発の依頼を受け、約1カ月で完成させたという富山代表取締役は「イモペーストは重く、焼きにくかったので苦労したが、おいしいものが出来上がった。今後もジオ関連の商品を作っていければ」と話した。
 試食した田嶋町長は「しっとり、もっちりしていておいしい。なんたん蜜姫は、生産が追い付かないほど人気のあるイモ。需要が増えることで生産者も増える可能性があるので、使ってもらえるのは本当にありがたい。第2弾、第3弾と商品を作ってもらいたい」と話した。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク