全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジオバウムが完成

完成した串本町特産のサツマイモを使ったバームクーヘン(25日、串本町串本で)

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式でお披露目される。
 商品を開発したのは株式会社トータル・プランニング(有田市)が経営するバウムクーヘン専門店「MAHALO(マハロ)」。同社の富山晃至代表取締役(42)が25日、同町串本の町役場を訪れ、田嶋勝正町長に完成を報告した。
 独特の甘さを持つ「なんたん蜜姫」を使い、バウムクーヘンの年輪を地層に見立てた商品。クリーミーさが口に広がりつつ、サツマイモの風味が十分に感じられる仕上がりになっており、温めて食べると、よりサツマイモの風味が増すという。価格は千円前後になる見込みで、近日中に町内の店舗での販売開始を予定している。
 町から商品開発の依頼を受け、約1カ月で完成させたという富山代表取締役は「イモペーストは重く、焼きにくかったので苦労したが、おいしいものが出来上がった。今後もジオ関連の商品を作っていければ」と話した。
 試食した田嶋町長は「しっとり、もっちりしていておいしい。なんたん蜜姫は、生産が追い付かないほど人気のあるイモ。需要が増えることで生産者も増える可能性があるので、使ってもらえるのは本当にありがたい。第2弾、第3弾と商品を作ってもらいたい」と話した。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク