全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ザザムシ漁を観光に 伊那の天竜川で現地視察

ベテラン漁師の中村昭彦さんからザザムシ漁の説明を受けるワーキンググループのメンバー=25日、伊那市山寺の天竜川

上伊那地方の観光のかじ取り役を担う地域連携DMO・長野伊那谷観光局は25日、滞在プログラムの開発と商品化を担当するワーキンググループ(WG)の現地視察を伊那市内で開いた。これまでの討議で出た地域の観光資源の中から、まずは固有の文化であるザザムシ漁に着目。約20人が天竜川の漁場を訪れ、漁師の中村昭彦さん(75)=同市中央=の手ほどきで伝統漁法を体験し、観光での活用可能性を探った。

冬の風物詩のザザムシ漁を夏の土用に体験した。「我こそは」と名乗りを上げた男女2人が、中村さんと一緒に増水気味の川へ。川底の石をくわで裏返すと足を踏み動かして虫をはがした。四つ手網にはわずかながらトビゲラやヘビトンボが入った。

これらの虫について、中村さんは「北海道から九州までどこにでもいるが、食文化として残るのは伊那谷だけ」と説明。漁師が年々減っている現状も伝えた。「虫踏み」と呼ばれる漁法に挑戦した女性は「好奇心旺盛な人にザザムシ漁体験はいいと思う」。塚原信州珍味(同市)からは昆虫食全般の話を聞き、つくだ煮を試食した。

同WGによると、炭焼きやキノコ狩り体験のほか、穀物の乾燥調製貯蔵施設を活用する案が出ているという。「地域の観光資源を生かし、組み合わせて魅力的な滞在プログラムを開発したい」とし、年度内には複数を旅行会社などに提案できる形にしたいとしている。

関連記事

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

長野日報社

もりぞうポストに投函いかが 下諏訪の長崎さん

下諏訪町東高木の旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅で、生け垣のヒバの木が成長し、近くに立つ郵便ポストを覆うようになった。枝木は顔に見立てて刈り込んでいて、「写真に映える」と道行く観光客や住民が...

盆入り 十勝「大入り」 行列はピーク

 盆の入りの13日、十勝管内の観光地や飲食店などは、夏休みを楽しむ人々や旅行に訪れた観光客らでにぎわいを見せた。13日夜に勝毎花火大会、14日から平原まつりが始まる帯広市内は、短い夏を楽しむ人々で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク