全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。

 学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に引き続き、山大農学部と鶴岡市が共催。この日は学生約60人が、東京に本社がある高研鶴岡工場(同市宝田一丁目)と丸善食品工業鶴岡工場(同市宝田三丁目)を訪れた。

 このうち高研鶴岡工場では、医療分野で用いられている多様なメディカルプラスチック製品や、医療や看護、救急救命の教育をサポートする生体モデル、医療用や化粧品原料のコラーゲン製造と製品開発など、同社製品と会社概要の説明を受け、工場内の生産工程の一部を見学。同社担当者は「学生のインターンシップも受け入れているのでより現場の雰囲気を味わうことができる」と紹介していた。

 学生たちは、世界で7―8万体が流通している生体モデルの赤ちゃん「コーケンベビー」を抱いたり、採血などのトレーニングを行う「腕自慢」など同社製品にも触れ、体験的に健康を支えるものづくり企業について理解を深めた。

生体モデルなどに触れ、説明を受ける山大農学部の学生たち=高研鶴岡工場

 千葉県船橋市出身で食品・応用生命科学コース2年の増子祐介さん(20)は「生体モデルのリアルさに驚いた。地元の食物から化粧品原料も生産していると聞き、食品系の学びに関連ある職種の広がりも感じることができた」と話していた。引率した藤科智海准教授は「県外出身の学生が多いので、就学地の産業のことを知ってもらうことで就職や定住などにつながっていけば」と話していた。

 山大農学部の学生たちは今月8日にも本長(同市大山一丁目)とまいすたぁ(三川町)の企業見学を行った。

関連記事

石垣青年会 竹とんぼ作りに挑戦 親子連れなど30人参加

 第4回いしゃなぎら字会学級「おやこで竹とんぼをつくろう」(石垣青年会主催)が18日午後、石垣公民館で開かれ、親子連れなど約30人が昔から伝わる竹とんぼ作りに挑戦した。  竹とんぼ作りは、昔から...

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク