全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

南紀熊野ジオパークセンターの玄関ホール。床に紀伊半島の大きな地図が描かれている(串本町潮岬で)

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。

 県が約7億4千万円をかけて建設した。紀南の9市町村などに広がる貴重な地質遺産「南紀熊野ジオパーク」の総合案内所として情報を発信するほか、調査研究の拠点となる。
 施設は木造2階建て、延べ床面積978平方メートル。1階には、最新の大型地形模型とプロジェクションマッピングによる映像や実験、体験装置で熊野の大地の成り立ちや自然、生き物などを紹介する展示室のほか、実習室、事務室。2階には、大地のドラマを上映する映像室のほか、セミナー室、会議室がある。
 センターには研究員を含む職員6人が勤務。それとは別に南紀熊野ジオパークガイドの会(上野一夫会長)の会員が交代で2人常駐して館内を案内し、解説する。
 オープン当日は、午前11時からセレモニーを開き、関係者や子どもたちが完成を祝う。
 同センター開設準備室の前安昭さん(55)は「触って、見て、遊べる施設で、子どもが楽しめ、専門家も学べる。橋杭岩や一枚岩、那智の滝がどういうふうにしてできたか学んで、現地に訪れてもらいたい」と話している。
 開館時間は午前9時~午後5時。年末年始(12月29日~1月3日)は休館だが、それ以外は無休。入館は無料。問い合わせは南紀熊野ジオパークセンター(0735・67・7100)へ。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク