全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

出来栄えを確認する生産者の前に、ずらりと並べられた「帯広メロン」

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。

 マスクメロンの帯広メロンはサーモンピンク色の果肉やさわやかな甘みが特徴。今年は曇天が多いものの糖度は15度以上の甘さとなり、例年並みの約4000玉の生産を見込んでいる。

 栽培技術の向上で大玉が増えたため、通常より重さが25%重いメロンを今年から「プレミアム」として商品化。価格は2玉で5000円前後で販売する。

 この日は午前10時から、同社で「目ならし会」が開かれ、生産者が出荷基準となるメロンの大きさや網目を確認した。同社の鬼崎友宏社長は「味や大きさは他の産地にも負けない帯広メロンの味を、地元の人にも知ってもらいたい」と話していた。管内ではイトーヨーカドー帯広店やコープさっぽろ、とかちむらなどで取り扱っている。

関連記事

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

紀伊民報社

特産サツマイモ「なんたん蜜姫」でプリン

 和歌山県串本町串本にあるレストラン「サンドリア」が、町特産のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったプリンを開発した。サツマイモの甘みを生かしたしっとりした食感のプリンで、人気商品になっている。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク