全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

出来栄えを確認する生産者の前に、ずらりと並べられた「帯広メロン」

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。

 マスクメロンの帯広メロンはサーモンピンク色の果肉やさわやかな甘みが特徴。今年は曇天が多いものの糖度は15度以上の甘さとなり、例年並みの約4000玉の生産を見込んでいる。

 栽培技術の向上で大玉が増えたため、通常より重さが25%重いメロンを今年から「プレミアム」として商品化。価格は2玉で5000円前後で販売する。

 この日は午前10時から、同社で「目ならし会」が開かれ、生産者が出荷基準となるメロンの大きさや網目を確認した。同社の鬼崎友宏社長は「味や大きさは他の産地にも負けない帯広メロンの味を、地元の人にも知ってもらいたい」と話していた。管内ではイトーヨーカドー帯広店やコープさっぽろ、とかちむらなどで取り扱っている。

関連記事

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

紀伊民報社

ジオバウムが完成

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク