全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

やまぐち新進アーティスト大賞に鈴木さん

自身の作品を前に笑顔を見せる鈴木さん(右から2人目、市役所で)

 山口市内で活動し、将来性のあるアーティストに贈られる「第10回やまぐち新進アーティスト大賞」に、現代美術作家でデザイナーの鈴木啓二朗さん(36)=松美町=が選ばれた。6日に市役所で贈呈式があり、渡辺純忠市長から表彰状を受け取った。市主催。

 鈴木さんは愛知県名古屋市出身で、同市立大人文社会学部で英文学などを学んだ。小さな頃から図工や美術が好きだったこともあり、同大卒業後に渡米して美術系の大学院を修了。2011年に秋吉台国際芸術村(美祢市)のスタッフとして勤務したことから縁が生まれ、3年後には本格的に活動拠点を山口市に移した。ゆったりとした時の流れが、思索を中心とする自身の創作スタイルに合っていたという。

 鈴木さんは複数の作品を用いる空間芸術を中心に手掛けている。同賞に応募したのは、米航空宇宙局が開発した生地「スペース・ブランケット」のアレンジしたものなど3点の組み合わせ。中には、宇宙や異空間の存在をテーマに、宇宙に関する漫画の吹き出しを90センチ四方の画用紙にちりばめたコラージュ作品もある。

 贈呈式では、渡辺市長が「市内でたくさんの人々と交流しながら、世界に羽ばたいて」と激励。鈴木さんは「良い評価をいただけてうれしい。今後は一般の方々にも分かりやすい表現を目指したい」と語った。今年度の応募は9人。審査委員長の斎藤郁夫県立美術館副館長は「最先端の技術を取り入れ、新たなアートの可能性を見せてくれた」と講評。鈴木さんは副賞として市の支援で、来年度個展やワークショップを開催できる。 

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク