全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ネパール人医師のマハルジャンさん、苫小牧で技術研修中 がん治療専門医目指す

苫小牧日翔病院で研修を受けるマハルジャンさん(中央)と立ち会う尾崎会長(右)

 苫小牧ネパール協会(尾崎徹会長)の支援で来日したネパール人医師のスニル・マハルジャンさん(28)が今月から、苫小牧日翔病院(苫小牧市矢代町)で医療技術の研修に励んでいる。今後、他の病院にも出向き、9月中旬まで最先端のがん治療などを学ぶ予定で「身に付けた技術をネパールに持ち帰り、多くの人たちの医療に役立てたい」と意気軒高だ。

 マハルジャンさんは、ネパールの首都カトマンズの南隣パタン市出身。経済的に貧しい家庭に生まれ、小学3年生だった2001年から中学校を卒業する06年まで同協会の就学物資援助を受けた。

 協会は衣類や靴、ノート、鉛筆、教科書など学校生活に必要な物一切を提供。中学卒業後も尾崎会長(75)が定期的に経済支援を続けた。無事、高校、大学へと進学して2年前にはネパールの医大を出て医師免許を取得。同国の国立病院に医師として勤務してきた。

 地道に医師としてのキャリアを積んできたがこのほど、本人から「ネパールではまだ少ない、がん治療のスペシャリストになるため日本の病院で学びたい」との申し出があった。同協会は8年前にも女性看護師を研修生として受け入れた実績を持つ苫小牧日翔病院に協力を要請。病院側の快諾が得られ1日に来日し尾崎会長の会社、尾崎測量設計事務所(花園町)に滞在しながら同病院に通う。

 主に外科の研修で胃がん、大腸がん、ヘルニアなどの手術を見学。高度な治療技術修得へ実際の手術現場に立ち会い、英語や不慣れな日本語で担当医と積極的にコミュニケーションを図っているという。

 指導に当たっている崎浜秀康外科部長(52)は「大変真面目で勉強熱心」と話す。

 マハルジャンさんは「最先端技術を学べる日本の研修はとても刺激になっている。日本人はとても親切。尾崎会長らの援助に感謝している」と語る。

 帰国後は、がん治療の専門医としてネパール国内で活動する。将来の夢は医大の教授という。市内には9月20日まで滞在し、市立病院や札幌の北大病院での研修も予定している。

 尾崎会長は「小学生の頃から成長を見守ってきたので、頑張って医者になってくれてうれしい。帰国後の活躍にも期待したい」と語る。

 同協会は、1997年の設立以来、ネパールの小中学生135人に就学援助を行ってきた。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク