全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、生産者らが舌鼓を打った。

 会は新城市、設楽町、東栄町、豊根村をエリアとする奥三河観光協議会が初めて企画。奥三河の食材のおいしさを伝えていこうと企画。市内の食品加工グループ、設楽町のジビエ肉加工業者らを招いた。  協議会はグラフィックデザイナーの近藤茂雄さん(43)=京都市=の提案を受け、美と健康に特化した「okumikawAwake/メザメ奥三河」というブランドで事業展開を始めた。  事業では東栄町で鉱物のセリサイトを使ったコスメづくり、山岳コースでランニングやサイクリングをするスポーツ、ジビエ料理や加工品を食べたり土産販売する美食・栄養など体験プログラムを充実して売り込んでいく。  すでに新城市のルバーブ、豊根村のブルーベリーなどの加工品は瓶にブランドロゴを使って販売している。  試食会の調理は近藤さんのいとこで東京都新宿区で「和食こんどう」を営む近藤明弘(下写真右)さん(39)が行った。ブランドになっているトマトケチャップと柿酢を使った酢豚、鹿肉とゆず、しいたけ、水菜、長ネギが入った治部煮、ブルーベリージャムとゆずジャム、桑の実ソースをクラッカーに付けて食べるなど食べ方を提案した。

 明弘さんは「酢豚は黒酢の代わりに柿酢を使ってみました。東京ではあまりない調味料なため、地域性も出せると思います」と語った。  柿酢を生産する新城市のグループ「つくしんぼうの会」の荻野孝子会長は「酢豚に使うアイデアはなかった」と話した。

関連記事

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

紀伊民報社

ジオバウムが完成

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク