全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

伝統の踊り引き継ぐ 子ども教室が10周年

発表会に向けて、羽根千恵子代表(右)に教わりながら稽古に励む小学生=田辺市本宮町で

 和歌山県田辺市本宮町の「熊野本宮伝統芸能子ども教室」(羽根千恵子代表)が、今年で発足10周年を迎える。子ども教室では、町外を含め小学生9人が県指定無形民俗文化財となっている町内の二つの踊りを継承。11日には記念の発表会があり、稽古に励んでいる。

 本宮町には、住民が集団移転をして無人となった平治川地区の「平治川の長刀踊」や土河屋地区の「お夏清十郎踊り」など県の無形民俗文化財に指定されている五つの踊りがある。それぞれに保存会があるが、高齢化が進む中で未来に引き継いでいきたいと、元小学校校長の羽根代表(70)=本宮町請川=が発起人となり、2008年5月に子ども教室を発足。これまでに13人が卒業した。  子どもたちは基本的に毎週土曜に集まって稽古をしており、平治川の長刀踊とお夏清十郎踊りの二つを習得。本宮の秋の恒例イベント「こだま祭り」などで踊りを披露し、毎年夏に本宮町で開かれている新成人を祝う会にも参加して先輩たちの門出に花を添えている。  記念の発表会「熊野本宮伝統芸能子ども教室10周年の会」は11日午後1時から、本宮町本宮にある本宮福祉総合センター「うらら館」で開催。お夏清十郎踊りと平治川の長刀踊のほか、他県の民俗芸能を披露する予定。  本宮小学校6年の杉垣遥さん(11)は「子ども教室の卒業生もたくさん来るし、自分も今年で卒業なので、悔いなく踊れるように頑張りたい」と話す。同小1年の鎌田れいかさん(7)も「稽古は面白い。発表会でしっかりと踊れるように頑張る」と意気込む。  羽根代表は「伝統芸能を継承することで郷土愛が芽生え、本宮町の活性化につながればうれしいという思いで取り組んでいる。発表会では地域の方々や教室の卒業生に、子どもたちが頑張っている姿を見ていただきたい。卒業生の中から、ゆくゆくは子ども教室の指導者が出てくれたら」と話している。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク