全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋みなとフェスティバルにぎわう

 「海の日」の15日、催し「豊橋みなとフェスティバル2019」(実行委員会主催)が豊橋市の三河港神野地区にあるポートインフォメーションセンター「カモメリア」一帯で行われた。3連休最終日のこの日はあいにく小雨に見舞われたが、多くの家族連れらが訪れ、巡視艇、水産実習船の公開や港クルーズ、モーターショーなどを通じ、三河港への理解を深めた。

 自動車輸入が26年連続で日本一など、発展する三河港に親しむ機会として開催されている。  港クルーズの船が発着する岸壁会場では、同まつりで初めて「三河港モーターショー」が行われ、同港で取り扱われているトヨタ、ボルボ、スズキ、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツなど国内外の自動車が並んだ。来場者は車を見たり、写真を撮ったりするなどして国際自動車港湾・三河港を感じとっていた。

 岸壁では今年もクレーン車やタイヤショベルなど港で“はたらく車”が展示されたほか、接岸した海上保安庁の巡視艇「あゆづき」、県立三谷水産高校が使っている水産実習船「愛知丸」の一般公開があり、訪れた人たちが船内を興味深く見学していた。  恒例のクルーズは、家族連れ、子どもらが遊覧船「たつみ丸」に乗船し、三河港を船上から見た。小学生5人は「大きな船が停泊していた」「船に車が積まれるところを見た」「海にクラゲがいた」などと感想を話した。  税関や海保の仕事などを紹介するコーナーもあったほか、ステージでは豊橋海洋少年団による手旗、和太鼓の「大崎しおかぜ太鼓」の演奏などが披露された。  午前10時のオープニングセレモニーでは、実行委会長の神野吾郎豊橋商工会議所会頭が「地域経済の活性化に貢献している三河港に親しみ、機能や役割を知ってもらえれば」とあいさつ。港湾管理者の大村秀章県知事は、今年から同港の港湾計画改定作業に入ることを報告し「三河港をおおいに盛り上げたい」と述べた。

関連記事

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク