全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

タイ国際航空 10月末復活仙台定期便

 タイ国際航空(本社・バンコク)のスメート・ダムロンチャイタム社長が14日、酒田市を訪れ、今年10月末に復活するバンコク―仙台間の定期便就航に向け、「タイから観光客がたくさん来るので、リピーターになるよう、親切にしてほしい」など東北に期待することを語った。

 同社のバンコク―仙台定期便は2013年12月から翌14年3月まで4カ月間運航したが、その後は政情の不安定化などを理由に運休。宮城県や本県の関係者が中心になって復活を働き掛け、今年10月29日から週3便で、300人乗りの機材で復活する。

 スメート社長は今回、定期便就航に向けた関係者との打ち合わせのため、13―17日の4泊5日の日程で来日。仙台での打ち合わせの後、同国メディア関係者ら13人と一緒に東北地方の観光地の視察を兼ね、本県や宮城県などを回った。

 この日は酒田市でメロン狩りや山居倉庫見学の後、酒田漁港の上屋で海鮮バーベキューの昼食を楽しんだ。丸山至酒田市長が訪れ、記念品の傘福を贈り、「タイからたくさんの観光客が来てもらえるよう、酒田のまちの魅力をPRしてほしい」と要請した。

 スメート社長は報道陣の質問に対し、「近年、タイと日本の観光は相互にニーズが高まっている。タイ国民は、日本の大都市の観光には飽き、東北の観光が魅力的になりつつある。これまでは羽田などから乗り継ぎ、時間も経費も掛かっていたが、仙台便就航でその問題を解決するので、たくさんの観光客が来る可能性が高い」とした。

 同社が日本国内に定期便を飛ばすのは、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌に続き、6都市目。これに関しては「個人的な意見だが、6カ所目(仙台)が最も成功するという自信がある。タイからたくさんの観光客が来るので、リピーターになるよう、親切にしてほしい。また、路線の成功には一方向ではなく、双方の行き来が重要。東北の人もタイに行ってほしい」とした。

 観光地としての東北の可能性については「山海のおいしい食べ物がそろっている。風景が美しく、温泉も素晴らしい」と高く評価。一方、「買い物は、地元の民芸品や食べ物もいいが、国際ブランド品を置く店がないので、東京などに行くことになる。そういうアウトレットがあれば、東北だけで完結し、東北は世界一の観光地になると思う」と改善点を指摘した。

 仙台便の就航を働き掛け、今回の来日の受け入れでも中心になった一般社団法人みちのくインバウンド推進協議会の熊谷芳則理事長は「定期便復活は東北の観光にとって大きなチャンス。東北の他地域との競合が激しくなっていくので、地元では地域の魅力を捉え直し、磨き上げ、実際に来てもらうよう行動を起こさないといけない」、丸山市長は「みちのくインバウンド推進協議会などと連携し、この地域ならではの魅力を発信し、多くの人に来てもらえるようにしたい」と話した。

海鮮バーベキューを行った酒田漁港上屋で、丸山酒田市長から記念品を受け取るスメート社長(右)=14日午後1時ごろ

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク