全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

「ふれあいプール」を楽しむ子どもたち。海の生き物と触れ合った=15日午前、旧離島桟橋通り

多くの子どもが参加した小型ヨット体験=15日午前、石垣港

20回を迎えた「みなとの夕べ」。フラダンスなどで会場を盛り上げた=15日午後、旧離島桟橋通り

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり(同実行委員会主催)が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型ヨット試乗など体験型イベントを満喫した。

 NPO法人八重山ヨット倶楽部の小型ヨット体験試乗は小学3~6年生を対象に実施。石垣海洋少年団のメンバー4人がボランティアで参加しサポートした。
 ヨット体験をした大浜小学校4年の新里晃一郎君(9)は「ヨットは酔いそうだったけど、途中から自分でも操縦することができた」と笑顔。「操縦は(進行方向と)左右反対なので難しかった。スピードも出て楽しかった」と感想を述べた。

 海の生き物に触れられる「ふれあいプール」も大人気。多くの親子連れが水槽を囲み、ヒトデやハリセンボン、コクテンフグなどを観察した。子どもたちは「ぬるぬるしている」、「ヒトデさん、こんにちは」などと声を掛け、目を輝かせていた。

 八重山スタンドアップパドル協会の無料サップ体験もあった。

 同日夕方からは港内の船上ステージで「第20回みなとの夕べ」。子どもエイサー、八重山高校カラーガード部、フラダンス「HULA LINO LEO」、「ARA JAZZトリオ」、リカ・トゥモールさんらのライブなどで盛り上がった。

 日の暮れ始めたころから来場者が増え、旧離島桟橋は活気に包まれた。船上ステージでは「デンサ節大会」、「小浜節大会」、「どぅなんすんがに大会」、「とぅばらーま大会」の歴代チャンピオンが登場。来場者は伸びのある歌声に聴き入った。歌手の池田卓さん、ミヤギマモルさんがライブで熱唱した。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク