全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

店がない人気「店」 隣の主婦がパン屋さん

コッペパンを作る更井和代さん(田辺市上芳養で)

 昔ながらの素朴な味から高級食パンまで、個性的なパン店がひしめく紀南で、店舗を持たない「パン屋さん」が増えてきた。イベントや産直店のみでの販売だが、固定客が付く人気「店」もある。

 店舗のない「パン屋さん」は、子育てが一段落した主婦が営むケースが多い。通常のパン店のようにさまざまな種類があるわけではないが、家庭的な味や、添加物を加えないなど「安心」面などが支持を得ているという。
 和歌山県田辺市上芳養の主婦更井和代さん(58)は2年ほど前から、「kaze to sora(かぜとそら)」の店名でコッペパンを販売している。イベントに出店するほか、市内の産直店にも出品する。
 もともとパンが好きで、食べ歩きしたり、家で作ったりしていた。販売を始める前にパン教室で学び直したが、素材選びなど基本は「子どもに作っていたパン」だ。コッペパンには農家から直接仕入れた季節の果物で作るジャムや地元和菓子店のあん、焼きそばなどの総菜を挟む。
 家業の梅の栽培や加工、家事の合間を縫ってのパン作りだが「黙々とパンを焼いていると、嫌なことも忘れる。私自身の楽しみになっている」という。自家製ジャムやドライフルーツも販売する。
 田辺市中三栖の主婦山本智恵さん(45)は5年ほど前から「やまもとベーカリー」として、あん食パンとシフォンケーキを販売している。イベントへの出店のほか、市内の雑貨店にも出品している。
 趣味でパン作りをしていたが、いろいろ作ってみた中であん食パンが「自分の好きな味で、子どもたちからもリクエストされる」と一番の自信作。あんの配合など独自に研究したという。
 あん食パンは一度に6個しか焼けない。イベントに出品する時などは午前0時からパン作りを始め、焼きたてを次々運んで販売している。
 パンや菓子を販売してみたいという人は多いが、課題は製造施設の許可取得。更井さんや山本さんの場合は手近に使える空き家などがあったため、比較的少額の投資で済んだが、一から準備すると相当な負担になるという。
 山本さんは「レンタルできる製造施設があれば利用したい人は多いはず。販売してみれば客の反応が分かるし、手応えをつかめば起業する人だって生まれるかもしれない」と話している。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク