全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

キリン赤ちゃんお披露目/釧路市動物園

スカイ(右)とコハネ(左)に見守られながら屋外で過ごす赤ちゃん

 釧路市動物園(古賀公也園長)で誕生したアミメキリンの赤ちゃん(雄)が12日から、屋外環境に慣れるための練習を始めた。誕生から10日が過ぎ、人工哺(ほ)育が続いているものの、体重や全高(人間で言う身長)の数値も増えており、同園では今後の成長に期待する。9月には記念イベントを計画しており、それに合わせた命名についても検討する。

 赤ちゃんは2日午前5時20分、雄の「スカイ」(おびひろ動物園生まれ)と雌の「コハネ」(東京・羽村市動物公園生まれ)との間に生まれた。釧路市動物園でのキリン繁殖は、1988年4月に生まれた「キリコ」(2009年10月死亡)以来31年ぶり。

 同園によると、生まれた初日は人の支えがなければ立ち上がれない状態だったが、翌日には自力で立てるようになり、3日夜からコハネと同居している。誕生直後に人工哺育としたため、まだ母乳を飲もうとしていないという。

 同園では他園での事例も参考に牛の代用乳を1日3回与えており、誕生直後に53㌔だった体重は12日現在で59・5㌔に増加。頭のてっぺんまでの全高は165㌢から182㌢に伸びるなど順調に成長。「人工哺育なのでちゃんと大きくなるか心配だが、ミルクを飲んでくれているので、なるべく外で運動し足の筋力を付けてくれたら」(松本文雄ふれあい主幹)と期待する。

 事実上の公開初日となった12日には、しっかりと歩行し、時折走り回る姿を披露したほか、コハネとスカイがいとおしそうに頭をなめたりする光景も見られ、来園者たちから「かわいい」の声も。スマートフォンのほか、本格的な一眼レフカメラで熱心に撮影する市民も見られた。

 同園では、9月のイベントに合わせて命名を検討しているが、赤ちゃんの所有権が羽村市動物公園のため、詳細は同園と協議して決める方針。また、赤ちゃんは希少動物の繁殖を目的とした全国的な調整のため、数年後には他園に移動する可能性がある。

 同園では、室内への出入りを自由にしているため、天候などによって赤ちゃんが外に出ないこともあるとしている。開園時間は午前9時30分から午後4時30分まで。入園料は一般570円、中学生以下無料。問い合わせは0154(56)2121へ。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク