全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

トウガラシの講義熱心に 長谷中生が信大准教授に学ぶ

松島准教授と一緒に「八房とうがらし」の生育状況を見る長谷中の2年生たち

 長野県伊那市長谷中学校の2年生14人が11日、トウガラシの研究者で知られる信州大学農学部(南箕輪村)の松島憲一准教授の特別講義を受けた。長谷地区で高遠藩主内藤家ゆかりの「八房とうがらし」を生徒、教職員、住民協働で栽培し、ラー油に加工して販売する取り組みの一環。これからの地域おこし活動の大黒柱になるべく熱心に受講し、トウガラシの魅力や可能性などを知った。

 トウガラシの種類を問われた松島准教授は「日本の在来品種は約40種だが、世界に広げると数えきれないほど種類がある」と説明。八房とうがらしは「皮が薄く乾燥しやすい」と特長を伝え、「長谷で20年、30年と作り続け、長谷の食文化になっていけば伝統野菜になる」と、今後の取り組みに期待を寄せた。

 生徒たちは真っ赤な果実を割り、辛み成分が集中する胎座と隔壁を確認。「最も辛くないトウガラシはピーマンやパプリカ。植物学上、これらはトウガラシです」と教わると、「えー」と驚きの声を上げていた。今年度作付けしたほ場を松島准教授と一緒に見て回り、栽培管理や病気への対処法などについて助言を受けた。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク