全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

トウガラシの講義熱心に 長谷中生が信大准教授に学ぶ

松島准教授と一緒に「八房とうがらし」の生育状況を見る長谷中の2年生たち

 長野県伊那市長谷中学校の2年生14人が11日、トウガラシの研究者で知られる信州大学農学部(南箕輪村)の松島憲一准教授の特別講義を受けた。長谷地区で高遠藩主内藤家ゆかりの「八房とうがらし」を生徒、教職員、住民協働で栽培し、ラー油に加工して販売する取り組みの一環。これからの地域おこし活動の大黒柱になるべく熱心に受講し、トウガラシの魅力や可能性などを知った。

 トウガラシの種類を問われた松島准教授は「日本の在来品種は約40種だが、世界に広げると数えきれないほど種類がある」と説明。八房とうがらしは「皮が薄く乾燥しやすい」と特長を伝え、「長谷で20年、30年と作り続け、長谷の食文化になっていけば伝統野菜になる」と、今後の取り組みに期待を寄せた。

 生徒たちは真っ赤な果実を割り、辛み成分が集中する胎座と隔壁を確認。「最も辛くないトウガラシはピーマンやパプリカ。植物学上、これらはトウガラシです」と教わると、「えー」と驚きの声を上げていた。今年度作付けしたほ場を松島准教授と一緒に見て回り、栽培管理や病気への対処法などについて助言を受けた。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク