全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

甲子園へ熱闘開幕

 夏の甲子園を目指す第101回全国高校野球選手権山形大会が11日に開幕した。中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で開会式が行われ、各チームが堂々と入場行進を行い熱戦の火ぶたを切った。決勝は24日午後0時半から同スタジアムで行われる予定。

 今大会には昨年と同数の48チーム(庄内勢11校)が出場。開会式ではファンファーレとともに入場行進が始まり、鶴岡南で男子と共に練習している女子部員の屶網怜奈さんが先導役を務めた。続いて各校のナインが「イチ、ニイ」の掛け声に合わせ、はつらつとした動きでグラウンドを行進した。

 昨年の覇者・羽黒が優勝旗を返還した後、大会会長の大沼敏美県高野連会長が「結果だけに一喜一憂せず、過程に向き合う姿勢が大事。勝っても負けてもたくましく成長する姿を見せてほしい」とあいさつ。続いて山形東の鈴木康平主将が「第1回大会より昭和、平成と熱い戦いを繰り広げた先輩たちに倣い、新しい令和の時代にこれからの社会を担う若者として野球を通して大きく成長するよう、最後まで高校生らしく生き生きとプレーすることを誓う」と力強く宣誓した。

 試合は2回戦まで鶴岡市の鶴岡ドリームスタジアムなど県内4会場で、3回戦以降は荘銀日新スタジアムときらやかスタジアム(山形市)で行われる。今春の東北大会4強の鶴岡東を軸に、夏の山形大会連覇を狙う羽黒や巻き返しを図る酒田南など庄内勢に注目が集まる。

球児たちの夏が開幕。熱い戦いを前に各校のナインが堂々と入場行進した

鶴岡南の女子野球部員・屶網さんが入場行進の先導を務めた

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク