全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

毛ガニ籠漁解禁、初日は4.6トン水揚げ 漁業者ら豊漁に喜び-胆振太平洋海域

水産市場へ水揚げされた毛ガニを運ぶ漁業者=11日午前9時10分ごろ

 胆振太平洋海域の毛ガニ籠漁が10日解禁され、苫小牧港で11日に初水揚げが行われた。近年は不漁が続いていたが、初日は前年より約3トン多い4・6トン。漁業者は「これほど一気に揚がるのは久しぶり」と喜びの声を上げ、今後の豊漁に期待を寄せた。

 苫小牧漁協カニ籠漁業部会(高島正司船団長)に所属する16隻が7時半ごろまでに帰港。保冷バッグに入った毛ガニが次々と船から荷揚げされ、市公設地方卸売市場・水産市場に運び込まれた。

 1キロ当たりの取引価格は甲長10センチ以上の「大」が8000円~7880円、9センチ以上の「中」が6326~5380円、8センチ以上の「小」が4800~3818円で例年よりも高値となった。

 胆振太平洋海域の毛ガニ漁獲量は2012年から7年連続で減少が続き、昨年は過去10年で最も低い68トン。今年は資源保護のため漁獲枠を前年比39トン減の33トンに設定。苫小牧漁協の割り当てはほぼ半減の10・2トンとなっている。

 高島船団長は「漁期は8月10日まであるが、漁が好調ならこの3、4日間で漁獲枠に達しそう」としている。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク