全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧市と八戸市、協力関係を推進 小学生アイスホッケー交流試合など実施

小林(左)、岩倉両市長が出席して、苫小牧市内で開かれた会議

 苫小牧市と青森県八戸市は11日、昨年締結した交流連携協定(愛称・はちとまネットワーク)に基づく会議を苫小牧市役所で初開催した。両市の首長が出席。今年度も多彩な分野で両市の協力関係を推進していく方針を共有した。

 同協定は、1973年に開設した両市間を結ぶ定期旅客フェリー航路のつながりを踏まえて締結。交流人口拡大や物流機能強化、観光、スポーなどを軸に協力体制の構築を目指している。昨年7月末の調印時に苫小牧市の岩倉博文市長らが八戸市を訪問。今回は同市から小林眞市長など13人が来苫した。

 2019年の新規事業として、▽小学生アイスホッケー交流試合を相互に開催▽定期旅客フェリー船内で両市のPR動画放映▽地元紙発行のフリーペーパーで観光情報などを掲載▽海外ポートセールスにおける両港連携の検討―などを確認。意見交換では、アイスホッケーを軸に他スポーツの連携や、旅客フェリーについて「貨物量は微増だが、旅客の利用率は低い。新たな対策で交流人口を拡大できる可能性がある」などの声が寄せられた。

 岩倉市長はあいさつで、胆振東部地震の際に受けた支援に感謝を述べ、協定締結がきっかけとなり両市の信用金庫間で業務交流の提携が取り交わされたことも説明。「近未来への力強い一歩にしたい」と述べた。

 小林市長は「海峡を挟んで似た発展をしてきた二つのまちが一体となった。これからも将来への話し合いをしていきたい」と期待を込めた。

 次回の会議は八戸市で開催するという。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク