全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

タブレット使い初の遠隔授業

万倉小(吹上静恵校長)と吉部小(西村淳校長)で10日、次世代高速通信(LTE)タブレットを使った初の遠隔授業が行われた。5年生の国語の授業で、計4人の児童がインタビューし合い、内容を記録。「また、やりたい」と口をそろえた。    LTEタブレットは、WiFiのネット環境が不安定な楠地域の船木・万倉・吉部小を主対象に、宇部市教育委員会が先月末に147台導入。万倉は1日、全校朝会の様子をオンラインミーティングサービスで吉部、船木両校に発信し、子どもたちに披露した。    万倉の5年生は森鯨太(けいた)君ただ1人。吉部は深見真斗君、竹下春風(はるか)さんと、カナダから体験入学している渡辺レオ君の3人。10日は万倉の担任、松永早織先生が授業を進行し、板書をしたり、4人の役割分担を決めて指示を出したりした。    授業では、聞き手、話し手、記録者に分かれて5分間ずつインタビュー。飼い猫や好きな教科、スポーツなどが話題に上った。対話には少し時間差があり、たまに音声が聞き取りづらい場面もあったが、「動作が終わったら手で合図」「聞き取れなかったら、もう一度お願いする」などの約束を決め、順調に授業が進んだ。    「まるで一緒の教室にいるように授業ができた」と松永先生。最後は全員で「ありがとうございました」とあいさつし、手を振って遠隔授業を終えた。森君は「飼い猫やカナダの話など、いろいろなことを聞けて面白かった。きょうの課題を生かして、次回はもっと分かりやすい質問や突っ込んだ質問を心掛けたい。中学校で一緒になると思うけど、事前に仲良くなっていたら安心。また遠隔授業をやりたい」と話していた。   

遠隔授業に取り組む森君と松永先生(万倉小で)

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク